「ほっ」と。キャンペーン

バイクの乗り方

 いつも危険だな、って思う、バイクの乗り方で、足を地面につくかつかないかの状態で降ろすやつ。

 なぜか女性に多い。

 今日も何人か見かけたし、あとはヤクルトの人。

 本来、足を置く箇所に荷物を載せているからなんだけど、格好が良くないし、そもそも非常に危険。

 足を後方のタイヤに巻き込まれそう。

 実際、今日、ヤクルトの方とお話ができて、やはり何度も巻き込まれているとのこと。

 ヤクルトのバイクの場合は後方が2輪の3輪車だから、余計にタイヤに巻き込まれそう。

 見ていてもハラハラする。

 っていうか、もともと過積載なんじゃないかとも思っちゃうよ。


 でも、なんであんな危険な乗り方するんだろうかね。





「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。

[PR]

# by WofNaka | 2017-02-22 23:35 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)  

Facebookはやめて

 今朝、会社からFacebookのメッセンジャーを使って、連絡があった。

 ひとつめは、仕事のこと。

 重要な連絡がFAXで届いたとのこと。

 あー、あれだな、とすぐにピンときた。

 その後、もう一通入った。

 なんでも。。。

 会社の同僚の娘さんが結婚するので、あなたと奥さんに仲人をやってもらったから。

 ? すでに過去形?

 んで、あれこれ、これこれ、こういう条件付きで、こんなことしゃべってもらったから。って。

 誰の仲人をしたのかはわかったけれど、なぜに過去形?

 送り先を間違えてない?




そんな夢を見た。

やめてよねー。Facebook もう嫌いなんだからさぁ。






「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]

# by WofNaka | 2017-02-18 08:42 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

ずぼっ!!

 前を歩いていた人が、いきなり消えた。

 ずぼって音が聞こえたような聞こえないような。

 現場に行ってみると、とても小さい穴が開いていて、ずっっっっと遠くの方に、さっきまでそこにいた人の顔が見える。

 でも、その穴、本当に小さいんだな。

 どう考えても、人が一人通ったようなサイズではない。

 そして、ずっっっっっと遠くのその顔は、まぁ元気そうだ。

 とりあえず、その小さい穴が塞がってしまって、どこから吸い込まれたのかわからなくならないように、私がそこを見守ることにした。

 でも、どうやってこれ助けるんだろうか。

 とりあえず、たまたま持っていた、細い細い紐でも垂らそうか。



そんな夢を見た。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]

# by WofNaka | 2017-02-04 21:54 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

ふれあい『絆』防災フェアの基調講演を聞いてきた

今日は。。。
「ふれあい『絆』防災フェア」が立川のRISURU大ホールで行われたので講演を聞きに出かけました。

基調講演は、防災システム研究所所長の山村さんの講演でした。
(<<<>>>は重要な部分です)

・正常型バイアス・・・都合の悪い情報は無視する。
 来週、大地震が来ると考えて準備する。
・加害者にもならず被害者にもならず。
・災害の後の訓練ばかりやるが、生き残るための訓練をやるべきではないか。
・災害予防訓練・・・自分が閉じ込められない、火を出さない訓練。
・在宅被災生活訓練・・・避難所は本来は行かない方がよい。避難所は家が壊れた場合に行く場所。
 家で、電気ガス水道を1日止めた生活をしてみると、いろいろなことがわかる。
・形式的な訓練は「防災ごっこ」だ。
・ご近所防災隣組(糸魚川市の火災の例)
 防災に対して情熱がある方が取り組んだから犠牲者が一人もでなかった。
 例えば、新年会では役員だけが集まるのではなく、住民全員を対象にしたり。
・夜間の防災訓練をなぜやらない。
・防災とは、人の命を守ること。助かった命を守ること。避難所で犠牲になるようなことがあれば、それは自治体の責任だ。
・断水で水が使えなくなるのではなく、下水で使えなくなる。
 集合住宅などでは、地震が起きたら、まずは下水が大丈夫とわかるまでトイレは使わせないようにしている。
 下水が詰まると、詰まった物が固まって修理が大変。
・インフラは2週間ダメだと思って準備する。
・新しい耐震構造の建物でも安心できない。1度の揺れには対応できても2度めの揺れには対応しない可能性もある。
・避難場所が必ずしも大丈夫とは限らないから、複数の避難場所を考える必要がある。
・避難場所がまず大丈夫かどうかを、利用する前にチェックできる利用可能チェックリストを作っておくとよい。
 鍵を誰が持つかも。
・将来、車避難者専用の避難所を用意する必要があるかもしれない。
・避難所の成功例(熊本地震)
  最初の地震でスマートフォンなどで安否確認を行い、救助対象者はすぐに皆で助けた。
  避難所に町内会毎にスペースを設けた。
  女性や子供に優しい避難所にした。
  この地区は新しく引っ越して来る人に優しい地区だった。
  1人1役。全員が役割分担。笑顔の避難所にした。
  役員の電話番号の一覧表を貼りだした。
・東日本大震災で津浪で逃げる人の映像について
  歩いて見える人で生き残った人に聞いてみた。なぜ歩いていたのか?
  自分では走っているつもりだったが、焦って、結果的には歩いているようにしか見えないことになった。
・凍り付き症候群・・・正常型バイアスの人に多い。
  生き残るための訓練が必要。
  自分の命は自分で守る認識を持つ。
  小さい揺れ(P波)の時に如何に安全な場所に逃げるか。

<<<状況によって待避行動は異なる>>>
<<<安全ゾーンを作る>>>
 転倒、落下物が少なく動ける安全な場所を作る。
<<<緊急地震速報が鳴った時どうするかを訓練する>>>
 訓練の時と同じように、安全な場所に避難する。
 玄関は比較的安全ゾーン。
 これからは、小さい地震でもまず玄関を開ける、ことを習慣とするように訓練する。
 その積み重ねをしていけば、正常型バイアスにはならない。

・地震の揺れのマップが出ているが、あれは信じてはいけない。
  どこでも震度6強に備える。
・近助
  公助には限界がある。
  自分の命が助かったら、避難所に行くのではなく、その場で近所の安否を確認するなど、その場で戦う。


だいたい、こんな感じですかね。
で、私がさらに思ったことは、災害にとどまらず、普段の、そうね、例えば福祉についても同じように考えたらいいのかな、と思った次第です。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

[PR]

# by WofNaka | 2017-02-04 21:33 | 災害&ボランティア | Trackback | Comments(0)  

携帯操作しながら斜め横断した女性

こんないい方すると叱られるかもしれませんが、どうして、後方確認しないんかなー女性は。

これから渡ろうとしている道路の後方を。

この女性、2tトラックの後方を、私のバイクがいることに気がつかずに、ふらふらと携帯を操作しながら斜め横断しようとしていたのです。普通なら、後方というか、右側を見るよね。

ところが見ない。

しかも左右ふらつきながら。携帯操作しながらだもの。

んで、私は車間距離は十分にとっていたから、怪しげな女性をずっと見ているんですが、渡りそうで渡らず、渡らなそうで、結局渡ったんだけど。

かなりセンターライン付近で私と鉢合わせになりそうになって。

まずは回避してから、鳴らしましたけど。ビックリしてましたね。

コートを着ていて耳付近もすっぽり被っていたから聞こえなかったんでしょうね、バイクの音が。

ま、事故らないように気をつけて出かけて下さいまし。

私は、その日は免許の更新日だったんだけどね、ずーっとゴールドを維持してきて今日か、って思いましたよ。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。

にほんブログ村

[PR]

# by WofNaka | 2017-02-02 22:07 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)  

オプションが多い宿

職場からそのまま出掛けられて、そのまま戻って仕事ができるというのが謳い文句の、鄙びた温泉宿があるということで、仲間で出掛けた。

スタッフに若い女性が多い事も人気らしかった。

何人かで泊まれるようにひとつひとつが離れていて、村全体で温泉宿になっているらしかった。

そんな山奥だけど通信機能は充実していてキャンペーン中とのことで、みな当たり前のように入った。

布団も部屋着もとても良くて満足したけど、この宿、オプションが多すぎるのが気になった。

ここには二泊した。

近所の住人との交流などもあり、楽しく過ごせた。

リーダーから、夕方の6時までに最寄り駅に集まるようにと連絡があり、いよいよ帰り仕度となった。

宿の側を小川が流れていて、よく子どもたちが遊んでいる。小さい子どもが遊んでいるからきっと浅いのだろう。

ちょっとアルコールを引っ掛けた年配の仲間が、単なる遊び心で川に入ったんだけど、子どもがいたところから、1メートルも離れていないところだ。

思ったより深いかもと言った途端だった。ズボッと首まで入ってしまった。アルコールが入っているからか、それほど慌ててはいなかったけど、明らかに危険だ。私が助けられるレベルではなかった。

それでもなんとか這い上がり自力で出てきたけど、もう全身泥だらけだった。もちろん部屋着が。

さて、荷物をまとめて清算する段になった。

楽しめましたか、と女性スタッフがニッコリした後で一瞬笑ったような気がした。

宿泊費用は恐ろしく安かった。ところが、オプションは現状復帰が基本とのことだった。部屋着はクリーニング代と称して一万円ほど払った。嫌な予感がした。何着も着たから。そして、さっき川に入って汚した人はひとしきり叱られた後で50万円を請求されていた。そして、通信の利用料。私はほとんど使っていなかったけど、7通のメール送受信で14万円、そして回線の現状復帰のため、70万円も請求された。いろいろ合わせれと100万円近くになる。

しかもカード払いの場合は、それにかかる機器や回線の費用で、その5倍の料金を請求される。

さて、そんな大金を持ち合わせているわけもなく。
どうしたものかと思っていたところで、チリチリという目覚ましの音が。





そんな夢を見た。
[PR]

# by WofNaka | 2017-01-26 08:24 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

目をつけられる

その部屋は、長方形の部屋だった。

中には10人ほどの人がいて、これから始る会議に一様に緊張が見えた。

中でも、今日ここに座っている私は、もうビクビクものだった。

命がいつなくなってもおかしくない、もう冗談じゃない状況だったから。

前回の会議の時には「我らを排除するかどうか」という議題があった。

これは、ここの町会に最近参加した恐竜を、住民が排除するかどうかを恐竜から議題が挙げられていたのだった。

私も議題を1つ挙げていた。

それはクラインフェルター症候群に関することだったけど、桁が違うとすぐにわかった。

自分で挙げた議題だったけれど、もう内容はどうでもいいように思えた。

その恐竜の参加者はティラノサウルスを筆頭に、草食系の首なが竜、そしてステゴサウルスだった。

当然、指揮を取っているのはティラノサウルス。

ティラノサウルスと言えば、地上最大の肉食恐竜で、人間よりも長い間、この地球を支配していたと言っても過言でない動物だ。

そのティラノサウルス(レックス)が最初の会議に参加した時、なぜか、私が目をつけられた。

後ろから入ってきたレックスは、参加者の人間を見渡した後、私のすぐ横に顔を近づけて匂いを嗅いだ後で、ほっぺたをひと嘗めしたんだ。

私は、絶対、パクって喰われると思ったので、逆に驚いたんだけれど、嫌な予感がした。

議事が進行していった。

私の議題については、だれもその名称や存在、何も知らなかったので、すぐに次の話題に移った。

そして、レックスら恐竜の議題については、あまりに恐ろしく、当事者が参加しているため、状況によってはここが修羅場となるのはわかっていたからか、結論は次回に回されることになった。それは当然のことと思われた。

ところで、なぜ私が目をつけられたか、なんだけど、ひとつだけ思い当たることがあった。

クラインフェルター症候群の人は体臭が少ない、ということで、他の参加者の中で、臭いが少ないことがレックスの気を引いてしまったようだった。

臭覚が恐ろしく優れているレックスにとって、臭いがしない動物(人間)がいることで、その存在を確認したかったのかもしれない、と思った。

結局、その日は何もなくって、次回にまた会議が行われることになった。


私は、次回には参加できなかった。

それはそうだよ、目をつけられているんだから。

そして、その次も参加できなかった。

でも、その次の時には、来いと言われていた。

何がなんでも来いと。

私がいかないと、議題が進まないんだと。

つまり、レックスは私が参加していないと、その議題を進行させないんだと言うんだ。
たぶん、人間として、全ての種が揃わないと、議題を進められない、という考えなのかもしれない、と。
レックスは、私を、固有の種として認めた、ということも言えるかな、と思った。

だから、行かない訳にはいかなかった。


さて、問題のその日。

私は壁際の席に座って、その時が来るのを一人震えながら待った。


そして、会議が始る直前に、レックスら恐竜が入って来た。

会議が始ってすぐに気がついたのは、前回、私が参加した時の議題から、クラインフェルター症候群の議題だけがなかったこと。

会議をするに値しないと、皆の総意だということがわかった。

つまりは、わからないことは話し合えない、ということらしかった。


わからないことの中には恐竜の件もそうだろうという気はしたけれど、町民の命が懸かっている点で、事の大きさが違った。

入って来たレックスは、私を見ることもなく皆が座っている真ん中に、こちらを向いて鎮座した後で、巨大なガラスケースを降ろすように司会者に指示をした。

私の側まで今回は来なかったことについては、鋭い臭覚を持っているレックスにとって、私がそこに参加していることは、近づかなくても明らかだったからと思った。

そして一言。

(議題「恐竜を排除するかどうか」についての会議参加者の答えは、)まぶたを閉じるかどうかで行うように。

つまりは、手を上げたり、首を立てに振ったりしなくていい、と。

賛成ならまぶたを閉じるだけでいい、ということだった。


それが何を意味するのはは明白だった。

そして、誰もまぶたを閉じれない、ということも。





そんな夢を見た。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

# by WofNaka | 2017-01-24 21:28 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

なんで頭、白いの?

 最近、職場近くで子供たちが遊んでいる。

 今日は、閉館作業の後で、近くで遊んでいた子どもとおしゃべりをした。

 私が膝をついて、やっとその子の目の位置が合うほどの男の子。

 最初は、その子の服の柄があーだ、とかこーだとか、半分くらい会話が噛み合ない感じで話しをしていたんだけどね。

 そのうち、私の持ち物に興味を示し始めた。

 携帯のストラップを見て、何これ?

 携帯のケーブルを見て、何これ?

 携帯を取り出して見せてあげたら、またここで会話が噛み合なくて。。。

 でも、なんだかんだと、楽しく会話をして。。。

 そこで、いきなり、その子が聞いてきた。

 なんで、頭が白いの? って。

 もう、笑いを堪えて、私も一生懸命に答えを探したけれど、なんも浮かんできません。

 仕方がないから、おじちゃんもよくわからないんだよ。

 もしわかったら、教えてくれない!?

 って、とんちんかんな問いかけをして、それでお開きになった。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

# by WofNaka | 2017-01-19 20:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)