(ヘル)メット仲間

 今日は2ヶ月ぶりの通院の日。昨年入院・手術した病院まで初めてバイクで出かけました。
今日は昨日までの暖かさから、一転して冬に逆戻りと聞いていたので、普段の格好に、家内のバイクの合羽まで着こんで、万全の態勢で出かけました。途中ちょっと降られました。

 病院までの道は車で何度も走っていますので、いろんなルートを知っていまして、今日は朝早い時間だったので、幹線道路は通らずに少々マニアックな多摩川沿いを行く事に。ともかく多摩川から着かず離れずのコースです。途中、府中街道を越える前の道が渋滞するのですが、今朝も20分かかりました。

 車のときはしょっちゅう走っていたコースでしたけど、バイクで走るのは初めてだし、いかんせん車の時から随分と時間が経過しています。使いやすくなった道ができていたり、でもマニアックな私が利用する裏街道には、使いやすくなった道はむしろ迷惑で、使いやすくなった道には今まで以上の車があふれます。まぁ、そんなこんなで渋滞も入れて1時間で病院に到着しました。

 術後の状態は順調で、もっと暖かくなると身体も楽になりますから、と言われ、3ヶ月後の予約をいれて帰宅の途につきました。

 帰りは、甲州街道を走ろうと思い、表街道へ。でもそこまでの道もやはり抜け道のマニアックな道ではあります。開かずの踏み切りを如何に使うわないかが勝負どころです。

で、その踏み切りに差し掛かったときのこと。
今日は残念ながら電車通過のため数分待たなければいけませんでした。

踏み切りのすぐ脇に幼稚園があります。
そこの駐輪場に、前かごに男の子が乗った自転車が入っていきました。
男の子は、バイクにヘルメット姿の私が気になってしかたがないようでした。その男の子も自転車用のヘルメットを被っています。凄く気になるらしく、ちょっとでも時間があるとこちらをちら見しておりました。どうしてそんなにちら見しているのが分かったかと言うと、私も同じだったからです。

その子のお母さんは気がついていませんでしたけど、その子が自転車を降りて、幼稚園の階段に向かうほんの一瞬、私はにっこり笑って手をふりました。そうしたら、間髪いれずに同じようにその子も手を振ってニコッて笑い返したのです。やったね。コミュニケーション成立。

 車に乗っているときに、バイクの方が後ろに来たときは、山道では先に通してあげることがよくありました。そのときのバイクの方が手を上げてくれるのを、格好いいなぁって思っていました。車同士ではそんなのないではないですか。憧れていました。
 で、今日の男の子とのコミュニケーションですけどね、同じ感じがしました。その後、男の子は元気に階段を上がっていきました。もうこちらをちら見することも振り返ることもありませんでした。

 メット仲間の絆、って言ったら、大げさかも知れませんけどね。

 うれしかったですよ。
[PR]

by WofNaka | 2012-03-08 13:55 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/15369914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< バイクに乗ってすぐに吐いてしまう バイクで無線仲間とお茶会 >>