World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

SNS 漬け

 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。

「社会的ネットワークをインターネット上で構築するサービスの事である。
代表的なソーシャル・ネットワーキング・サービスとして、日本最大の会員数を持つmixi(ミクシィ)、モバイル向けのGREE(グリー)、Mobage(モバゲー)、海外では世界最大の会員数を持つFacebook(フェイスブック)、それに次ぐMyspace(マイスペース)などがある。」

 とウィキペディアでは書かれています。


 私もmixiやってます。Facebookもやってました。Amebaもやっています。
これ以外に、インターネットを使ったツールとしては、Twitter、ブログ、Skype、ホームページ。
それから、これはアマチュア無線関係の特殊なものですが、QSO100、EchoLinkなどもインターネットを介して人とおしゃべりやらデータ通信ができるものです。

 Twitter や ブログ、ホームページ、mixiの日記、Amebaの日記 などは、一人で黙々と構築していってもまったく問題ないものではありますが、人はどうしてこう、他人にも共感してもらいたい、見せたい、と思うのでしょうか。どうしてもその繋がりを目で確認したくなります。また、日にどれぐらいの人が見に来ているのか、とか、自分は世間の中でどれほどの位置にいるのか、とか、そういうことに関心が出てきます。そうして、毎日、パソコンを立ち上げる度に、それらのツールを起動して、ペタがないか、足跡がないか、コメントがないか、アクセス数がどうだとかを気にして、一喜一憂してしまうのです。

 でもまぁ、それでも、ほとんどのツールはメールアドレスとパスワードぐらいで登録できてしまいます、しかも無料だし。でも、最近は、横のつながりもサポートしますよ、とか、同級生、同窓生、同郷、同じ趣味 などの繋がりの求めに応じられるようなツールを提供する、ということで、そういう【個人の情報】に価値をつけて記述を強要するようなものも出てきています。しかも、その情報を運営側で利用しちゃいます、と【デフォルトで設定させてしまう】ところもあるようです。

 怖いですね。

 追加機能で後でつけるようなんですけどね、デフォルトで【流出を容認します】のような設定にしておくのですね。で、気がつく人は【容認しない】に設定しなおすけれど、たいていの人は気が付かずにそのままになっていて、流出された後で【合法です】とか言われて泣き寝入りみたいなね、そんなところです。

 怖いですね。汚い手口ですね。

 しかも日本人は真面目だから。私もそうですけどね。
出身学校、所属会社、趣味、生年月日などなど、危ない情報をどんどん書き込みますからね。
昔、知人に免許の番号をホームページに載せた人がいましたけど、さすがに注意しましたよ。何にどう使われるかわかったものではありません。

 で、そういう情報に価値を持たせてしまうから、あー悲しいかな。ハローワークの方が、職歴の情報を生活のために売ってしまったというのです。そこに込められている念。そういうものが売買してしまった人たちに付いてしまうことに本人たちは気がつかないのでしょうが、ともかく、個人情報を守らなければいけない人達が、弱い立場の人たちを、さらに弱い立場に置いてしまっていること。
まるで、自分が助かりたいがために、水面に向かって上っていく人たちの肩に手を置いて、相手を押し下げてその推力で自分が上昇していくみたい。


 あれっ。

 こういうことを書きたかったわけではないのよね。

 つまり、社会的なネットワークをインターネットに頼りすぎていると、インターネットを利用できなくなったときにリアル世界での社会的なネットワークを作れなくなってしまうのではないかな、って思うのです。

 もっと簡単に言うと、電気が止まっただけで、その可能性が出てくる、ということ。


 あれっ。

 こういうことを書きたかったわけではないのよね。


 つまりは、もっとインターネットやパソコンとかから、離れないといけないのかなぁ、って思います。

 仕事柄、といっても今は無職だけど、今までIT業界に関わってきたから、我が家には一人1台以上パソコンが割り当てられているのです。こういう環境から、少し離れないといけない、というか、せめて、使わない時間、使わない期間があるのもいいかな、とか、最近思います。

 昔、帰省したり旅行に行ったりしたときは、まったく、隔絶されてましたけど、それなりに楽しい日々でした。周囲の景色や音、そういうところに目を耳を向けていくことも必要だと思うのです。



 と、長々と書きながら、それでもなかなか抜けられない自分でもあります。。。
[PR]
トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/15477339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by WofNaka | 2012-06-03 09:32 | 日記 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka