バイクをいじる人は尊敬する

 と家内が申します。

 昔々、ずーっと昔です。私が中学生の時。

 技術の時間にね、50ccのバイクのエンジンをばらして、そんでもって組み立てる、っていうのを授業でやったんです。凄いですよね、この授業を考えた先生。

ひとつ年上の兄の時には、「ユーコン」だったんですよ。
ユーコンって知っていますか? 木製の飛行機を作りましてエンジンをつけます。それに紐をつけて人がその紐を持って飛行機を飛ばすものです。Youtubeにありましたので、リンクしておきますね。

 当然、次の年も同じものやると思うではないですか。でも違ったんですよねぇ。飛行機飛ばしたかったんですよ、私もね。

 で、話は戻って。。。

 エンジンの構造を知るのと、エンジンを掃除するのとがその授業の目的だったみたいですが、エンジンをひとつひとつ部品を解体していくのは新鮮でしたね。そして、何週間も掛けて解体した後で何をするのかと思ったら、今度は逆の手順で組み立てていくのです。
で、最後に、エンジンを掛けさせてくれましてね。

 エンジンがかかった時は、感激でしたよ。このエンジンが本物だったってことですよ。すごいなぁってね、思いました。



 そういう昔の体験があるからでしょうかね、もともとそういう形でこの世に生れ出たものでない限り、全部もとの部品に解体できる、という風に考えられるようになったのは。
当然、強力な接着剤や溶接、コンクリートなどを流し込んだものは別ですけど、それ以外のものはバラせるわけで、何についても、これはどうやってバラすことができるのだろう、っていうものの見方をしてしまいます。




 さて、バイクの話でしたね。

 私はバイク乗りの前に無線屋なのです。無線家という人もいますけどね。

で、無線屋は車やバイクを眺めるときにどこを最初に見るかということなのですが、【当然】アンテナを着け易いか、無線機を着け易いか、無線ができる環境にあるか、ということなのです。

 これを見て車を選ぶと言っても過言ではありません。

 でも、このPCXですが、家内が【格好いい】だけで買ったバイクでした。それは、もう【当然のように】アンテナも無線機も取り付けられないか、または非常に難しい。もっと言うなら、穴を開ければ着けられるかも、みたいなバイクなのです。

 中型の免許を取ろうかどうしようか悩んでいる(下取りに出して中型を買おうと考えている)人が、バイクに穴を開けられるわけがない。かといって、車のように、外見はそれなりに見栄え良くして車の中はぐちゃぐちゃ、みたいにするわけにもいかず。頭が痛いわけです。



 ところで、先日、娘からプレステが動かないから見てぇ、という依頼を受け、「結果的に動かなくても文句は言わない」を条件にバラしてみました。もちろん、電源周り以外に故障箇所があっても修理できませんから、私としては、お手上げなのです。で、やはりダメでして、組み立てなおしたのですが、なぜか、ネジが6本も余ってしまって。。。こんなに余らしたことが無かったのですが、組み立てなおして動かないことより、こんなにネジを余らしてしまったことの方のショックが大きかったのです。



 さて、バイクの話でしたね。

 こんな私が、バイクをバラせるわけがありません。プレステならネジの1本や2本無くなったところで事故などおきませんけど、バイクの場合、走行中にバラバラになったら、それこそ保険がおりないかもしれません。

 ということで、如何にバラさずに、つまりは【如何にいじらずに】アンテナや無線機を取り付けて無線を楽しむか、ということになるのです。それはもう必然的な話です。

 で、まぁ、先日から苦労しているのですよ。

 それを考えたら、アドレスVの楽なこと。もう簡単ですよ。1箇所穴は開けないといけませんけどね。でも、部品がなくってできないのよね。


ということで、家内の尊敬の対象にはならない、ということでしょうかね。
[PR]

by WofNaka | 2012-06-08 18:52 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/15518728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ガリオーム? ついに中型免許取る? >>