30m津波が関東を襲ったら。。。

 こんな驚愕する内容のニュースがeXciteニュースに出ています。

 実際のツールは、こちらです。
(リンクを開くとアメリカが表示されますので、その表示を日本まで移動させてください)
(画面の左上に海水面のレベルを変更できるボタンがあります)

 海面の高さをいろいろと設定できまして、どれぐらいまで水没するのかを、地図上で見ることができます。

 今までこういうことをニュースとして取り上げなかったこと事態が異常とは思いますが、これを見てしまうと、もう都心には行けませんし、パニックを起こしそうになります。

 30mっていうと東日本大震災の津波相当の高さになりますが、実際には勢いがあったり、障害物があったりで方向が変わったりしますから、境界付近は正確ではないかもしれません。

以下、eXciteニュースから。
>>> 「首都圏に東日本大震災級襲来! 埼玉水没、千葉県が孤島に!」
関東全域に水没の危険性
今年1月、4年以内に70%の確率で首都圏に直下型地震がやってくる、との予想を東京大学の地震研究所が発表した。地震による水没被害をシミュレートできるサイト「Flood Map」では、津波で海面が上昇すると、埼玉県などでも多数の街が水没する様子が確認できる。
水没の原因は利根川と荒川
同サイトでは、利用者が設定した津波の水位ごとに、水没地域がマップ上に示される。たとえば水位設定を5mにすると、江戸川区や葛飾区などの大半が水没するほか、内陸部の越谷市、春日部市などでも一部地域が水没する。

茨城県では、取手市、柏市など、海からかなり遠い地域でも水没がみられる。大きな川沿いには、海抜の低い地域が多いためだ。東京や埼玉は荒川、茨城県は利根川により、浸水地域が思いもよらぬ内陸まで広がる。


30mでは関東圏全滅、非難も困難
さらに水位を30mにまで上げると、関東平野のほぼ全域が水没し、北端は栃木県にまでおよぶ。千葉県は孤島と化し、鉄道や車での避難も不可能になる。

関東地方からの脱出ルートは限定される。東名高速道路、東海道新幹線などは相模川沿いに低地が広がる神奈川県の平塚付近で断絶されてしまう。

唯一、中央道は生き残りそうだが、車が集中すれば、渋滞で身動きがとれなくなることも予想される。逆に、救援物資の運び込みも困難になると考えられるため、自衛のため、食料や水の備蓄が求められる。
<<<

 このサイトから30mの海面上昇の情報を取得したものを下記にアップします。
(クリックすると大きく見えるかもしれません)
a0265144_21305613.jpg

[PR]

by WofNaka | 2012-06-13 21:31 | 災害&ボランティア | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/15557753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2012-06-14 15:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by WofNaka at 2012-06-14 18:16
鍵さん こんにちは。

はい。恐ろしいです。

でも関東はローム層という火山灰でできていることの方がむしろ怖いと思うのです。関東周辺の火山灰が降り注いでできているってことです。こちらもやっかいです。
Commented by おくさん at 2012-06-15 18:15 x
こんにちは。
お邪魔してます。
今回のような津波が関東を襲ったら、
被害は想像を絶するでしょうね~。
あと、心配は富士山??
Commented by WofNaka at 2012-06-15 18:58
おくさん さん こんにちは。

きゃーうれしい。コメントありがとうございます。

さて。。気を落ち着けて。。。

富士山のスイッチは南海、東南海、東海地震だと言われています。(歴史が物語っているそうです)

津波の場合は、例えば東京湾の正面から来るようなケースだと、この想定のようになってしまう可能性がありますが、実際には、建物などで単純ではないと思われます。ただ、地下鉄は全滅だと思われますので、その時、そこには居たくないです。

できれば。。。バイクのシートの上で、高原地帯を走っていたいですね。

追伸:私の家内かと勘違いしてしまいました。

<< 最近 燃費  PCX >>