こんなことやっている人なんかいないよぉ。。。家内より

 普段なら、道具箱をひっくり返して、何やら怪しげなものを作っていると、家内から「みっともないからやめなさい」という小言のひとつを喰らうんですが、今回は、こんな私の状態で、リハビリになるなら大目にみようという心広い判断なのか、なんなのかはわかりませんが、不気味なほどに隣で静かにしている家内。ためしに聞いてみた。

 なか:これ、出来上がりひどいよね。
 家内:おもしろいんじゃぁないの、少なくとも笑えるよ。


 とのこと。なので、恥を忍んでブログに投稿することにしました。本来であれば、とても恥ずかしくて見せられません。


 何をやっていたか。。。
 ヘルメットへのヘッドセットの取り付けなんですが、代表的なメーカーのKTELでセッティングすると、こうなります。
a0265144_225756100.jpg



実際に被ってみますとこんな感じです。見た目もとてもきれいです。
a0265144_22582119.jpg



 ところが、これからお見せするものはほとんど手作り。今まで溜めに溜めたガラクタの中から、いつか使う日がくるだろうということで温めておいた部品たちです。10年前に50ccのバイクで無線をやったときは、もっとひどい装備でした。家内のはさきほどのKTELを付けました。25K円ほどするので、2式も買えません。なので、私のはこのときも手作りでして、検問の白バイさんに同情されたほどでしたもの。。。

 さて、まず、ヘルメット内に収めるスピーカーから。これはスピーカーの裏を超強力な両面テープで貼っています。
a0265144_234957.jpg



さて、マイクですが。。。これは10年前に作り、使っていた秋葉原から買ってきたマイクにIV線2本をよって、その上にビニールテープを巻きました。この時点でそもそも格好悪いのです。
最初のはちょっとピンぼけになっていますが、マイクの先端です。
a0265144_23102815.jpg


そして全体像。右端がマイク、左端がコネクタになります。
a0265144_23111686.jpg



まずは取り付けたところの全体を見ます。
右端がマイク、左側を、クリップで2箇所押さえてあります。
a0265144_2315712.jpg



クリップのところだけを見るとこんなになっています。
a0265144_23162986.jpg



 クリップを使うのかぁ、ってあたりで、とても無謀だし乱暴だと思うでしょう。実は、私も最近の市販のヘッドセットを見たときにそう思いました。そう、何を隠そう、最近の市販のヘッドセットも、クリップで留めてあるんですよ。

 話は一月ほど前に遡りますが、やはりちゃんとしたヘッドセットを購入しようとして秋葉原を訪れた時のこと、ヘルメットの後ろ側を何で留めているのか気になってみたところ、クリップだったんですよ。それで、気勢をそがれてしまいまして、何も買わずに帰ってきたのです。
そうなんです。あんなんだったら、私でもできる、と思ったのは言うまでもありません。

 話を戻します。

 で、クリップを持ってはさむ金具は取ってしまいます。
a0265144_2323136.jpg


こうするとヘルメットを被る時に邪魔にもならず、マイク自体が非常に軽いので、しっかり押さえてくれるのです。

 さて、実際に被って見ました。
a0265144_23312588.jpg


見た目、こんな感じです。市販のものと比べると、ずいぶん違うし格好悪いでしょう。でも、こんなに簡単にできてしまうのです。まだ完成していませんので、導通テストはまだです。スピーカーのみ確認できていますけど、マイクはこれからです。



 さて、そのほかのグッズをお見せしましょう。
a0265144_2351432.jpg

 真ん中にあるのが、ALINCOのDJ-F7 5W出せる、144MHz、430MHz、1200MHz出せるハンディ機です。実際には、430MHzで2.5wで出力する予定です。電池はしばらくは内臓の電池を使いますので。右側にあるのが、DIAMONDの伸縮できるホイップアンテナです。これはよく飛びます。144MHz1段と430Mhz2段のアンテナです。伸縮できるのでバイクやバックに簡単に収納できます。下にあるコネクタは、BNC-M型変換用です。バイクのアンテナ基台はM型コネクタになっています。
そして、左側にあるなにやらごちゃごちゃしたものが、昔購入した(ノンヘルメット用)ヘッドセットの残骸で、スピーカーが使用できないため別ルートでスピーカー用の配線を追加したもの。これ以外にアンテナ基台とケーブル、PTTスイッチがありますが、それはすでにバイクにセッティング済みです。


 さて、楽しみです。バイクに乗るのが。

 まず、ケーブルとか全部取り付けてみて走ります。これは、今までにも試行錯誤で何度と無く試しています。この状態で、運転に支障がでないことを確認するのです。
次は、実際にアンテナを着けて無線を受信しながら走ります。スピーカーの音量などの具合を見ます。
そして、最後に、誰か相手をしてくれそうな人を見つけて、実際に交信をしてみます。走行中だったり、止まってみたり、周波数の変更やらなにやら。。。

 いやー、楽しいですよ。うずうずします。



 で、こういうのができるようになってくると、少しずつ、精神的な面が回復していくのです。社会復帰は近いかもしれません。当然、まだまだかもしれませんけどね。
[PR]

by WofNaka | 2012-07-03 23:47 | バイク&無線 | Trackback(1) | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/15692872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from World of Nak.. at 2012-07-04 20:15
タイトル : こんなに苦労したのに。。。
こんなことやっている人なんかいないよぉ。。。家内より  昨日は恥をしのんでこんなに頑張ったのに。。。  どうしてもマイク用のケーブルに半田が乗らず、マイクの接続ができないことになりました。 悔しいけど。。。仕方がありません。。。もう、万策尽きました。 ちゃんとしたのを買うしかなさそうです。 残念。... more

<< 懸案事項を 意外に皆さん地震に興味ないのかね >>