娘に術痕を思いっきり蹴られて。。。やられました

 娘と言っても、寝相の悪い小さい娘ではありません。もう社会人の娘なのですが、私たちのベッドに倒れこむや否や、まったく私の死角に当たるところ、ちょうど椅子の背もたれの隙間から、手術後の傷跡めがけて、思いっきり蹴りが入りました。

 娘にとってはいつもの悪ふざけのつもりだったのかもしれませんが、今の私にとっては致命傷(だった)。もう何て言いますか、ものすごく痛痒い電気が全身を駆け巡り脳天まで届きまして、もう、一瞬何がおきたのかわかりませんでした。まったくの無防備でした。不覚でした。

 その後、めまいや貧血っぽいものや酷い寒気、患部の断続的な激痛などで、もうヘトヘトです。


 術後、8ヶ月になろうとしているんですけど、こういうことがあると、まだまだリハビリ途中なんだなぁ、って改めて思います。


 <<<すみません、ここでF1見てしまいました>>>


 復旧までには、まだまだ時間が必要です。
[PR]

by WofNaka | 2012-07-09 00:47 | 日記 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/15725333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Takeshi at 2012-07-10 16:09 x
お久しぶりです。
傷跡に衝撃が加わると、結構体に堪えますよね。わざとでなくても、本人にしては冗談でもきついことだろうと、文面から伝わってきますね。
術後から8か月だそうで、まだまだ本調子で無い感じも否めませんよね。お体お大事になさって下さい。
Commented by WofNaka at 2012-07-10 22:11
Takeshiさん こんにちは。おひさしぶりです。

地震が揺れたりして心配でしたね。
そうですね、傷については、1年以上掛かるとは聞いていましたけれど、こんなところで、という感じです。
満員の通勤電車で肘鉄くらったりしたら同じようなことになりそうですので、その対策は考えなければいけないなぁと思っています。

<< ブログのスキンの写真を変更しました 結果集計。。。6m&Downコ... >>