World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

ふるさとは遠きにありて思ふもの

 室生犀星の詩ですが、その当時の心境に達した自分ではありませんが、何か、なかなか(ふるさとに)近づけないものがあり、つい、口ずさんでしまいました。

 では、近づきたいか。

 正直なところ、微妙です。

 震災前年の秋に、母を送った後、10月に1度行ったっきり。
このブログのカバーの写真を撮ったのはそのときですが、その後に震災。

まだまだ、私の中にある田舎は、震災を経験してはいません。



 でも9月の母の三回忌を前に、8月初めに、帰省する予定がありました。



 ところが昨日、あんなことがありました。

 確かに疲れていた。でも、家内に言わせると、感情の変化を整理できないようだ。


 そして、ここんところ、感情を爆発させることが以前より増えた。

 今までできたことができなくなったこと、それを受け入れられない、から。


 昨日のは、信頼していたお医者さんからの(感情のない)半ば強引な言葉。
少なくとも1年ぐらい前あたりから、大きく変わったような気がする。
1年前といえば、その病院の建替え工事が始まった頃なのだが。

 疲れていたのだけれど、頭の中でなかなか整理がつかない状態にあった。それが、いわばヒステリーという形で現れたのかもしれない。

 もし、今の状態で帰省して、目に飛び込んでくるもの、人からの何気ない言葉、どう対処するの?

 もし、そのときハンドルを握っていたら。もし、昨日のようなことがあったら。



 んーん。まだ難しいような気がする。




ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
・・・
[PR]
トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/15848418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Takeshi at 2012-07-26 13:05 x
まだ、精神的にもお体にも疲労が付蓄積しているのでは?と思います。郷土、ふるさとへはいつでも行けますし。今は、もう少し待たれるのもいいかもしれませんよね。そんな気持ちの時には、機会を待つべしと思います。

Commented by WofNaka at 2012-07-26 19:02
Takeshiさん こんにちは いつもどうも。

そうです。その通りですね。機会を待つべし、と思います。
by WofNaka | 2012-07-26 10:52 | 日記 | Trackback | Comments(2)

by WofNaka