プラモデルの車で長距離走行するの?

 この人は見覚えがあるのだけれど、きっと昔の同僚かもしれない若いちょっと無謀なことをするお兄さん。

 いきなり私のところにプラモデルの自動車を持ってきて、これで、東京まで行くんだ、と言っている。私にサポートして欲しいと。
プラモデルの自動車のサイズは、30~50cmほどで、シャーシーの前部にエンジンが取り付けてあるようなシンプルな構造になっている。車を動かすのに、エンジン部分にある器具を、直接操作するようなんだけれど、それを足の指を使って操作するようなのだ。

 だからエンジンの部分には、足を乗せる場所は確保されていて、計4箇所。私の足と、その若い無謀そうなお兄さんの足と。ただし、車が数十cmのサイズで、その両側から車のエンジン方向にお互いの足を載せる格好になるから、人の体を支えて走ることができる仕組みを作らなければならない。
そして、その方法がわからず、英語で書いてある取扱説明書を、一生懸命読むんだけれど、どうしてもわからない。

そんな夢を見た。


 もう1本。仕事の夢。これも、今は書けません。そのうちにこっそりと書かれているかもしれませんがね。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです

※サーバの環境設定、二つ目の会社の社長、準備ができていないのに呼ばれる エレベータで同僚とあがる
[PR]

by WofNaka | 2012-11-14 09:42 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/16794453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< NEWS<「働けるのに無... 蛇に襲わせる >>