通勤電車って。。。

 お蔭様で、勤務三日目になりました。
三日、三月、三年。辛抱に関する期間ではありますが、その最小期間である三日を経過しただけで記事にするっていうのはどうよ、って思われるとは、思うのですが。。。

 私は、今までの長い社会人生活の最初の1,2年は別として、それ以降、あまり出退勤がよくありません。これは、ちょっとしてはいないけれど、ちょっとした理由があってのこと。でもなかなか理解されにくいところであります。なので、今回は「新生なかちゃん」でもありますので、やはり出退勤も「新生」でいきたいところなのであります。

 そんな中、今朝はいきなり危機的状況でした。
昨夜、いろんな感情が交錯する中で、眠れずに朝を迎えてしまったからでした。
突然の訃報もありますし、仕事上でいきなりトップギアに入れてしまって、夢の中でレビューをしてしまって気がついたら起きていたり、とか、なんかそんな感じでした。

 でも、そんな睡眠不足であっても、ちゃんと行けました。
これは、実は私にとっては凄い事の部類に入るのですがね。



 前置きが長くなりました。。。

 いきなり約10ヶ月振りの通勤電車となったわけですが、意外にちゃんと乗れるものです。
以前乗っていた時刻にあわせて駅に着いていたり、電車に乗るとドアとドアの間の空間に移動したり、どこの駅に近づくとどういう揺れがあるというのを覚えていたり、乗り換えの駅での動きも覚えていたり。人間ってすごいなぁ、って思いましてよ。

 私の通勤電車の中での過ごし方ですが、1位が読書、2位がiPodで音楽を聴き、3位が携帯(電話)でFacebook見たりTwitterに書き込んだり、4位が何もしない、です。
1位と3位は目を悪くするので、本来であれば老眼鏡に掛けなおさなければいけないのですが、電車の揺れの中では特に立っての交換は難しいので座れることがあれば老眼鏡に掛けなおしたりしています。
でもなかなか座れません。今日のように睡眠不足の時に限って座れなかったりします。もっとも座って中途半端に寝たりすると会社で眠くなってしまうのですけれど。今朝は、私が立っている両サイドの人が途中駅で降りて、降りそうなしぐさをしていたにもかかわらず、目の前の人は立ちませんでした。

 その読書。以前にもブログで何度も紹介しておりますが、私は同じ本を何度も繰り返し読むことが好きです。特に感情移入が激しいので、読んでいる最中は、本の中にどっぷり浸かってしまって、電車の走行の向きや途中駅などを覚えていなかったりするのです。苦痛の通勤電車にはもってこいの過ごし方だと思うのです。だから読書は家ではやらないのです。もったいないではないですか、その時間が。
今読んでいる本は、結構長い小説です。市川拓司さんの「その時は、彼によろしく」です。長編は時間がかかるので避けることも多いのですが、今回も嵌ってしまっています。市川拓司さんの小説や、さだまさしさんの小説が多いですかね。

 さて、主要駅での乗り換えでいつも思ってしまうのが。。。

1つは、降りる時。降りない人が人の流れに逆らって動かない。これが結果、人の移動を遅らせたり喧嘩などのトラブルの原因となっているのですが、本人たちは知らないのです。私がもしそういう状況にあったなら、一旦降りますよ。しかも「私はこの駅で降りるのだ」という意思を持って一旦降りるのです。そうすると結構、降りやすいものです。

1つは、やはり降りる時。主要駅で降りる人は本当に多いものです。よくこんなに乗っていたなぁってあきれるほどに降ります。奥の方から出てくる人で、よく前の人を押すのを見かけます。あれは危ないです。第一に、ホームと電車に隙間があった場合に、見えないために危険です。第二に押されたら押し返したくなって押したり押されたりが続き、結果的にスムーズに降りられません。私は意図的に、自分の前に空間を作るようにしています。なぜかスムーズに降りることができます。そもそもが「日本語」で「降りまーす」って言えば大抵降りられるのですけどね。

1つは、狭いホームでの乗り降り。新宿駅で埼京線に乗る際に、ホームの狭いところから乗ることが多いのですが、ドアのすぐ横に立つ人がほとんどですよね。でも、それだと、一旦降りる人の行き場が無くなってしまって、ドアの両側に人のコブが出来上がります。これが狭いホーム上の人の流れを阻止してしまうのと、電車から出てきた人を一方向にしか流さなくなってしまって益々ホームを狭くしてしまいます。だから、私は、ドアのところに1,2人分の余裕を持たせて立ちます。そうすると、人の流れがスムーズに行くようです。

 まぁ、結構、いろんなところで気を使ってみるとトラブルを避けることができるというものです。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by WofNaka | 2012-12-05 23:24 | 日記 | Trackback | Comments(3)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/16924803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by すど at 2012-12-06 02:20 x
なかちゃんの路線は平和なのかもですね。私の利用している小田急線では「降りまーす」と言ってもまず誰も動いてくれません。押しのけるしかありません。一度体調が本当に危なかったので、「吐きそうなので降ろして下さい」と言ったら十戒の海が割れるがごとく道が空きました。みんな聴こえてるのに無視してるんですよね。
単なる気のせいかもしれませんが、以前利用してた田園都市線やいつも乗り換えてる中央線・山手線ではここまで酷いことはありません。路線によってこんなに変わるとは。
愚痴書いちゃってごめんなさい
Commented by すど at 2012-12-07 01:42 x
なんかこの書き込みの前日に同じような内容のツイートがされRTしまくれてたとは(汗)→ https://twitter.com/2323_0808/status/276084243979980800。
 なんとなく自分がパクッテ書いたと思われるのも嫌なので、2010年の私のツイート→ https://twitter.com/msu_do/status/10610658546552832
Commented by WofNaka at 2012-12-07 21:01
すどさん こんにちは。

私も、上京したときは百合丘に会社の寮があったので、約2年弱、小田急線にお世話になりましたけれど、あそこは、新宿止まりだから誰も途中下車しないから酷いのですよね。
そこへ行くと中央線はそれほどでもなくって、引っ越した後は、ホッとしたことを思い出しました。

愚痴じゃないですよ。大丈夫ですよ。
ツイッターの件もOKです。大丈夫です。

ところで職場が近そうですよね。。。ふふふ。

<< 下からの突き上げが強く長く続い... やわらかい笑顔で、素敵な人でした >>