World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

今年、何度も読んだ本。観た映画。

 第1位は、さだまさしさんの「茨の木」。もう何度も何度も何度も読みました。

茨の木

さだ まさし / 幻冬舎

スコア:



 第2位は、市川拓司さんの「いま、会いにゆきます」です。これは本も映画もです。

いま、会いにゆきます (小学館文庫)

市川 拓司 / 小学館

スコア:



 第3位は、やはり市川拓司さんの「恋愛写真」。本の方を何度も。たまに映画も。

恋愛写真―もうひとつの物語

市川 拓司 / 小学館

スコア:



 第4位は、これまた市川拓司さんの「そのときは彼によろしく」。本はちょっと長編だけど、本の方がいい。映画はしょっちゅう見ます。

そのときは彼によろしく (小学館文庫)

市川 拓司 / 小学館

スコア:



 第5位は、佐藤さとるさんの「だれも知らない小さな国」。最近買いなおしました。最近のは字が大きいので助かります。

だれも知らない小さな国―コロボックル物語 1 (講談社青い鳥文庫 18-1)

佐藤 さとる / 講談社

スコア:



 第6位は、三田誠広さんの「永遠の放課後」。実は、三田誠広さんの本は、昔から好きでして、結構読んでいます。「いちご同盟」などもいいです。

永遠の放課後 (集英社文庫)

三田 誠広 / 集英社

スコア:



 これ以降からは、順位はつけがたくなりますが、特筆したいのが、これ。
Facebookでも作者とは友達になっておりますが、細川 貂々さんの「ツレがうつになりまして」。

ツレがうつになりまして。 プレミアム・エディション [DVD]

キングレコード

スコア:



 これはちょっと危険な賭けでした。うつ状態で果たして見れるのかどうか。。。
 鬱状態の私が「ツレがウツになりまして。」を観る
 続「鬱の私が「ツレがうつになりまして」を観る、読む
 続々「鬱の私が「ツレがうつになりまして」を観る」


 それから、結構好きで読む本がこちら「メガロドン」。もう、本はボロボロです。

メガロドン (角川文庫)

スティーヴ オルテン / 角川書店

スコア:




 そして、エアポートシリーズで、実話を元に作られた「エアポート’98」。

エアポート’98【字幕版】 [VHS]

アルバトロス

スコア:


 

まだまだ、読み続けますよ、見続けますよ。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/17071899
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by WofNaka | 2012-12-30 22:20 | 日記 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka