神様のカルテを観た

 神様のカルテ2をここのところ通勤電車で読んでおりますが、今日、久しぶりに、映画の方を観ました。最初に観たときは、よくわからなかったんですけれど、登場人物の小説での役割や性格を読んでわかってしまったので、とても深く深く観ることができました。

 将来的な医術を学ぶのか、目の前の苦しい人々に向かうのか、どちらも重要で、どちらも一度にできたらいいのに。

 ところで、私の兄は医師ですが、私達もそれぞれに次元が違う方向に進んでいて、お互いに相手の領域がわからないところにきてしまったかも、って、ふと考えてしまったら、止め処もなく涙が流れてしまって。全然止まらないの。

今更どうにもできるものでもないのにね。

 


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by WofNaka | 2013-01-14 22:47 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/17153199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 雪降らせ低気圧 未知との遭遇 >>