今までとは違う感情

 人はいくら頑張っても200年は生きられない。ips細胞を採用してもかな。
そうなると、医療技術は生きる中での病気を治したりして、人の生活に多くの時間的安らぎを作る為に必要なことなのかなぁ。

でも、死からは免れないから、その時には苦痛で無駄な延命措置は止めて、死出のために時間的な安らぎを与えることも、一つの医療なのかも知れない。

そんなことを、ここ何日か考えていて、自分が死んだ時に、何が出来るのかとか。

こんなボロボロな体からなんか、提供できる臓器はないし。せいぜい「これがKSの体だ」と解剖に使ってもらえる程度かな、とか。

でも、出生時に染色体検査をするらしい。
そうしたら、私のような染色体異常は見つかるだろうから、多くの場合、この世に出てくること自体が難しくなる。生きて生まれてきて、ずっと死ぬまで悩むよりは、誕生させない方がいい、という親心なのかもしれないが、きっと、当事者の胎児としたら、そんなの余計なお世話だ、というだろうなぁ。ますますあの世で苦しむ魂が増えるだけかもしれない。

しかも、生まれてくる可能性が少ない人たちを研究する医師も減るだろう。そうして、私のような人は忘れ去られて、取り残されて、ますますマイノリティになっていく。

そんなことを考えていたら、涙が溢れてきた。

これは、何の涙か。

意外に苦しさでも、寂しさでも、悲しさでも、痛みでもない、今までの感情とは違うものだった。

家内が言った、お母さんの涙なんではないか。

あー、そうかもしれない。



親の涙と、生まれ出れなかった胎児の涙かも。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by WofNaka | 2013-01-16 11:22 | 日記 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/17161049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Takeshi at 2013-01-16 13:29 x
感慨深い話ですね。
私も、KSの人間としてこの世に出所してきてから。
やはり、周りと違うことでかなり悲しく感じることが多いですよね。
今までに、KSでも違った親になる為の在り方も考える様になりましたが、でも、自分の遺伝子の入っていないことに苦痛?苦しみを覚えます。
この世に生まれてきたことに感謝はするものの、周りと違うことに戸惑いながらも、こんな人間が生まれてきて。周りの医学も発展してきたのですから、今の染色検査も今後はどうなるのかなって感じます。

Commented by WofNaka at 2013-01-16 18:58
Takeshiさん こんにちは。

いくら人間がフィルターをかけて防ごうとしても、なんて言うか、生物はそれをかいくぐって生まれてくるものです。
実際には、マイノリティにはならんのかもしれませんよ。

所詮、人間の考えることですからねぇ。

<< 私の教科書 見っけぇ 「富士山... 今日(1/15)Faceboo... >>