こんな悪条件の中で、21MHzに出られるのか

 アマチュア無線用のアンテナって、今は、50MHzのL型アンテナと、430MHzのAWXと1200MHzの借りている八木アンテナがあるのみなのです。
で、車でやっていたときは、これに21MHzのアンテナや3.5MHzのアンテナとかもあったんですけど、ここにきて、どうしても21MHzで出たい、と思うようになりまして、いろいろと試行錯誤しているのです。

 まず、場所的にアンテナを上げられるか、ということですが、21MHzだと1波長が15m。アンテナのサイズはその半分なので7.5mですね、だいたい。実際には3.75m×2になるのです。ベランダの横のサイズは約3mです。足りません。高さ的にも3mは厳しいです。

 ということで、フルサイズのアンテナはこの時点で無理、ということになります。
では他にどんな方法があるか。

 コイルを使ってというか作って短縮型にする。
これはありでしょう。でもコイルは作ったことがない。測定器はあるけれど手間がかかる。

 もう1つの手としては、車用のアンテナ(長さ2.2m)を使う。だけどアースを取らないといけない。長さ1/4波長のカウンターポイズだ。でも、これは以前も試したことがあって、うまく行かなかった。車用のアンテナ自体の性能は抜群で、これについては全く問題がないことは実証されているのね。
やはり、車のように周囲に何もないところで使うのと、家のように周囲が住宅で囲まれているところで使うのとではずいぶんと制約がでてくるあたりがネックなのかと思っています。

 簡単さで言えば、この車用のアンテナを使うのが一番簡単。スペース的にも問題は少ない。お金も掛からない。

 悩むところです。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村


[PR]

by WofNaka | 2013-03-31 22:03 | アマチュア無線 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/17543278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< PCX エンジンのその後 パソコンの壁紙は これです >>