太陽黒点の活発化か、アンテナの調整が良かったのか

 今年はいつものようにGWから無線熱がアップしていまして、休日はバイクに乗るかアンテナを作っているか無線をやっているか、そんな感じです。

 今朝はバイクで出かけるはずが、頭痛のために出かけられず、それではってんでアンテナ製作の本を読み始まって、いろいろと我が家に適するアンテナを頭に描きながらおりました。

でも現実はそれほどいろいろと上げられるわけもなく、今までやっていたことをまた繰り返すだけなんですけどね。

 今日は、先日上げた21MHzのモービルホイップを再調整する、というとても地味な作業になりました。

 まずは先日ホームセンターで購入してきたL字の鉄の板60cm長のものを、今までの30cmものと交換。アンテナが建物から離れると周波数の同調点が高い方にずれます。そこで調整が必要なのですが、先日アンテナの調整棒を短めに切りすぎたのがちょっと引っかかっていました。早速、アンテナアナライザを使って計測。21MHz用なのに23MHzに同調してしまってました。
また2MHzです。前回は19MHzに同調でしたけど。。。

 アンテナのそれぞれの部品の接合箇所をチェックします。少しでも長くできそうなところがあればそこを長くして2MHzの穴を埋めたいところです。幸いなことに数cm伸ばすことができました。これでかなり近くまで同調点が下がると期待。

 ところが、思ったより下がらない。

 おかしい。

 そうかそうか、カウンタポイズを忘れていた。

 アース側3本の1/4波長の長さに切った電線。これがぐちゃぐちゃになったままでした。
これを丁寧に1本ずつ伸ばしていきます。さて。。。

 もう一度計測。

 今度は21.150MHz付近でディップ。SWRは1.2ほど。もう理想的。

 やっと安心して、きちんとケーブルを接続して、今日のアンテナ調整を終わりました。

a0265144_155003.jpg


 アンテナ調整できたら。。。無線機の電源を入れます。もちろん21MHzを聞いてみます。

 なんかざわざわしている。

 おう、北海道も九州も聞こえる。これは上空にスポラディックE層という電離層が出現したんだな。先日太陽の黒点の活動が活発になったと言っていたので、期待しておりました。11年周期で訪れる太陽の黒点の活動周期。今年がピークらしいのです。

 私が大学4年生の1982年の夏もそのピークがあって、その時は、たった2.5Wのハンディ無線機で50MHzでアメリカがご近所なみに入感し交信ができたのです。普段は仙台市内としか交信できないのにです。

 早速、交信してみることに。

 1局めは、北海道のよさこいソーラン祭りの特設局でした。
普通にコールし交信ができました。

 これに気をよくして、あちらこちら呼んでみましたけれど、どうもよくありません、私のような弱小局にはあまりに過酷な良いコンディションだったのです。それでも根気強くいろいろと今までの経験と技を駆使してコールしていきます。ちょっとタイミングをずらしてみたり、二度繰り返して呼んでみたりです。

 結果、昼過ぎから3時までの間で3局と交信ができました。

 北海道が2局、熊本県が1局でした。

 でもね、こんなに「普通」に交信ができたことは今までなかったんです。

 うれしいです。とっても。



 これで、また人参が増えました。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村


[PR]

by WofNaka | 2013-05-18 14:58 | アマチュア無線 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/17805505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by XVP at 2013-05-22 20:41 x
お久しぶりです。アマチュア無線は今年の10月でQRTすることにしました。そのかわりに特小と簡易デジタル無線を開局しました。特小はシビアな要素があって一つ一つの交信が価値を感じます。簡易デジタルはほとんど1wで運用してますが外部アンテナが使用できるので430と同程度ぐらいは飛びます。コンディションもこれから上昇する時期になりましたのでお楽しみ下さい。
Commented by WofNaka at 2013-05-23 12:22
XVPさん こんにちは。

以前、富士山の五合めから特小聞いていたら下界で使用しているのを受信しました。
特小も意外に飛ぶのでGHzのような楽しみになるかもしれません。
無線を知っていると他の波にも興味が持てます。

私は音や水の波にも興味を示す始末です。
是非これからも無線ライフを楽しんでくださいね。

<< 工場に鳴り響く爆発音の意味する... 「あきらめない」への挑戦 〜締... >>