大きな【にんじん】 52の手習い

 50の手習いで、50歳の時に自動二輪(AT)免許習得のために自動車学校へ入学。

 51歳の誕生日の翌日に卒業いたしまして、今、HONDAのPCXに乗っていますが、やはり小型バイクだと通行に制限があります。

 ご存知のように、125cc未満は高速道路には乗り入れられません。また甲州街道の山梨に抜ける峠(大垂水峠)は終日通行制限があります。山梨なんて、ほんの目と鼻の先なのに、こんないいツーリングスポットがあるのに、小型というだけで行けないのです。

 そこで、普通二輪の免許を取りたい、という気持ちがふつふつと湧き上がっておりまして、今日、やっと入学手続きをしてまいりました。

 でも、私がこの普通二輪に挑戦するのは、実は二度目なのです。

 1回目は、50の手習いの時です。

 最初は、普通二輪の予定で入学したのですが、いざ実習に入った時に、取り回しができなかったのです。
で、急遽、小型に変更。しかもそこの学校は、上級クラスへの変更はスムーズに行くのに、下級クラスへの変更には一度退学しなければいけない、というルールがあり、泣く泣く退学、その日のうちに再入学して、小型のATになったのでした。

 仕方がないけどとても惨めな思いをしたのです。


 で、今回も入学時に、取り回しをさせてもらって、どうしても無理そうなら入学を諦める覚悟で臨んだのでした。

 お忙しい中に、教官の方は快く引き受けてくださいまして、実際に、マジェスティ400ccを動かしたのですが、やはり重かったです。どうにもならないかもしれない、とまた思いました。まぁ、今乗っているPCXは130Kgほどの重さですが、マジェスティ400ccだとプラス100Kgです。でも、普段PCXに乗っているので、それでも一昨年よりは動かせて、なんとかふらつきながらも動かしました。
そして、またいで見ましたら、今のPCXとさほど変わらないんですね。ほぼ同じ感覚でした。

 それが良かったんでしょうかね。

 降りて、また動かしたら、さっきよりも簡単に動かせた感じがしました。

 いけるかも。



 ちょっと迷いがありましたけれど、思い切って入学。

 早ければ7月の頭には、卒業できるかもです。



 今の私にとって、求職以外に何かご褒美が欲しいのですよ。おおきな「人参」がね。

 これが、それになってくれればと。

 そして、自分にはちょっと難しいクラスへの挑戦が、また新しい仕事へのよいきっかけになればいいと思っているのです。

(きっと、そんなの簡単じゃん、って思っている人が多いと思うのですが、私は、いろいろと命に関わらない病気があって、筋肉は付かないし、手が震えることも多いのです。だから、私にとっては大きな大きな挑戦になるのです)



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。

にほんブログ村
[PR]

by wofnaka | 2013-06-11 16:09 | バイク&無線 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/17933383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by もと at 2013-06-12 23:48 x
私はリターンライダーですけどこの春普通二輪免許をとりなおしました。18歳のころ東京で中型二輪に乗っていて、東京は警官がおおいですね、2週間に1回はスピード違反で捕まっていて2年後には免許取り消しになってしまいました。バカでした。でもあの頃バイクに乗っていて一番楽しかったのは田舎道をのんびり走ることでした。この春免許をとりにいって一日目は教官に八の字をずーとやっていなさいと言われ、うまく出来ずこの先だいじょうぶかなあ、と思いました。でも一時間ずつ練習していくと慣れてきて、検定の時とか緊張しましたが、ネットで調べると、急制動の距離とか一本橋の時間とかあるけど転ばなければ合格と書いてあって、実際教習所でもそうでしたのでよかったです。この歳になると教官に指摘されたこととかすぐに直せなくて、ああ、歳をとったんだなあ、とおもいました。nakaさんの大きな挑戦、応援させていだだきます。フレー、フレー、na,ka,さん! 長くなってすみません。
Commented by WofNaka at 2013-06-13 20:27
もとさん こんにちは。

まぁ、捕まって免許取り消しになっても、命が取り返しのつかないことにならなくってよかったですね。
今回は、クラスアップではありますが、小型バイクを取って1年半ぶりなので、いろいろとチェックするには良い機会かと思っています。
癖とかありますからね。

<< いつもの場所で出迎えてくれた母 ロンドンに住むの? >>