なかちゃんの教習所日記 その8〜祝 合格(中型限定解除AT)〜

 皆様のご心配と応援の中、なんとか無事(?)に、技能審査に合格し、その証明書をいただく事ができました。

 ありがとうございました。

 今日は、局地的な豪雨になるかも、という雨男の私にとっては、願ってもない天候が予想される中、最後の検定に行ってまいりました。

 今日の検定者は6人。

 中型のMTが4人。小型のATが1人。そして中型のATの私で、女性は2人おりました。
私は最後の6番めの走行でした。これがまた長いのよね、待つのが。そうでなくても緊張するし、今日も直前にトイレでひと吐きしてから検査に臨みました。

 まずは慣らし走行。
 もう気持ちはなるがままの心境。

 雨がポツリポツリきてました。もう降るなら降ってくれ、って思っていました。

 ただ、もう教習は最後にしたい、というその一心でした。

 慣らし走行で40Km/hは出せないものの、それに近いスピードを出すようにして、急制動に備えます。そうして開始。

 もうコースの細かい所以外は、普段の丁寧な運転をしようと心がけました。いつものように走ろうと。

 最初はS字。
 ふらつきながらもなんとかクリア。

 4輪の教習車が、お先にどうぞと待っててくれます。まぁこれは私には余計なお世話ではあるんですが、なかなか休ませてはくれません。

 そうして次のクランク。
 出口でバランスを崩してしまいます。停止せずに良いところを停止。体制を整えてから坂道発進と踏切へ。実際のところ、クランク以外はコース上は問題ないので、後方確認だけは怠らないようにしてコース外の急制動に向かいます。

 急制動で40Km/hを出せるかが不安でしたけれど、コース上でちゃんとだせていたし、思い切って挑戦でした。幸い、40Km/hを越えない程度の速度が出て、点線の前で停止。なんとかここまでくることができました。

 後はスラロームと一本橋です。

 スラロームに入る前に、緊張を取るため呼吸を整えます。
昨日教わったことを思い出しながら、ゆっくりと侵入、後はタイムを忘れて、ともかく人を、いや、パイロンに触らないように倒さない事だけを考えてクリア。残るは一本橋でした。

 一本橋は、直前の停止位置が鍵ですが、今日は不運にもまっすぐ止めることができませんでした。ヤバいって思いました。右斜めからのアプローチとなったのです。
もう、うちのマンションのスロープを昇るときのように、気持ちを固め、ちょっと深呼吸などしたあと発進。もうタイムなんか覚えていません。かなりのふらつきで最後までたどり着き、なんとか落ちずに終わることができました。

 停止もなんなく終了、なんとか終わることができました。




 気になるのはクランクの出口、一本橋のタイムでした。

 これ以外については、もうこれ以上どうにもできません。後は審査結果を待つのみでした。


 いよいよ審査結果発表です。

 私と女性の中型MTの人が残されました。

 あー、やっぱりダメだったのかも、って二人で思っていましたら。。。

 二人とも合格です。って。

 信じられませんでした。正直。

 私については「普段乗り馴れているようで、とても落ち着いていて良かった」との過大評価をいただきました。

 その後、前述の「技能審査合格証明書」を頂き、帰宅いたしました。


 最後に二人残されたのは、二人とも限定解除だったからのようです。

 なんか、心臓に悪いでしてよ。

 女性の方はとっても小柄な人で、うちの下の娘よりも小さいんです。ちょっとお話しましたけれど、小型MTを取った後、今回中型MT限定解除を取ったとのこと。私と同じパターンでした。
もう、取り回しが大変で大変でって同じことを言っていました。だって、バイクの方がでかいんですから。

 そして「またツーリングの時にでも会えるかもしれませんね」と言って、別れました。


 あー、最後に、教官のみなみな様にご挨拶をしてきませんでした。

 この場を借りて。。。

 本当に、本当に、お世話になりました。

 ありがとうございました。

 多分、私は中型で満足ですので、もう大型を取るなんて言いません。

 もうお会いすることはないと思いますが、本当にご指導、ありがとうございました。

 今後ともよろしくお願いします。






「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。

にほんブログ村
[PR]

by WofNaka | 2013-07-04 16:50 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/18039783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< なかちゃんの教習所日記 その9... なかちゃんの教習所日記 その7... >>