就職活動 〜職(会社)探し〜

 職探し、ってのは、新卒だと可能性が自分の周囲360度ぐらい広いんだけれども、だんだん年と取っていくと、その幅が狭くなっていきます。もちろん、経験した分野では深さも重みも増していきますが。

 私は、今、社会人30年めを迎えておりますが、IT業界一筋なんでございます。
 (職探し状態を社会人っていうのか、っていうのは脇に置いておいて)

 これからの、たぶん10年をどう過ごすか。

 今以上に体が弱ってくる中で、新規開拓、っていうのはリスクが高すぎます。起業という声もありますが、そういうのはできる人がやればいい。私には先頭を切ってやるのは合っていない。トンネルであれば、掘って進むより、周囲をコンクリートで固めて線路や道路を敷いて行く方が合っている。

 昨年は、体調も今百でしたから、IT業界それも知っているところで働くことしか考えていませんでしたが、今は、IT業界だけど、それ以外の会社を、ということで探しているところです。

 何ができるか。。。
 ①ソフトウェア開発の品質管理
 ②情報セキュリティ管理(ISMS)
 ③IT資産の管理
 ④PMOみたいなの
 ⑤インストラクター

 こうして挙げて見るとこんな感じにしかならない。実際には、みな、もっと奥が深い。
職安に行って、こういう仕事内容で探すと、まず見つかりません。ネットで求人情報サイトに登録しても、だいたいキーワードで一致しないと微妙なものは弾かれてしまいます。面接まで行けば、なんとか説明できるものが、それ以前で弾かれますので結構大変です。
最近は派遣会社もダメですね。以前は、働く側の立場を尊重してましたよ、でも今は、派遣先の会社を尊重したり、ひどいところでは、中立だと平気でいう営業もいます。いざという時に、全く当てにならないことがあります。それに、もう派遣はいいかな、って。

 先ほども徒歩数分のところにある職安に行って参りました。

 変わったところで見つけたのはインストラクターでしたね。昔、家内を見つけた時は、インストラクターの先生(家内)と生徒(私)でした。つまり、生徒が先生に手を出した。ということですが、今はそういう話題ではありませんでしたね。その後、同僚となって、ワードやエクセル、一太郎、ロータス、C言語などを教えておりました。今、Win7、Win8が出始めています、個人対応、しかもお年寄り相手はいつもやっていますからね。できなくはない。これからのことを考えると選択肢の一つではあるかと思いました。

 それとヘルプデスク。実際のヘルプデスクはついこの前までいたところでちょっと見させていただきましたけれど、それ以前に、部署内からの問い合わせ対応は、あれは立派にヘルプデスクでしたでしょう。フォローも完璧でしてよ。障害管理だって障害分析だってお得意です。

 後は、前述の①〜④。こちらは体力的にどうか、ってことですかね。やりがいは大きいですよ。とっても。でもね。。。

 うーん非常に迷うところです。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by wofnaka | 2013-07-12 11:43 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/18076996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 久しぶりのトッピングパスタ 就職活動 〜証明写真〜 >>