我が家の医療費 2013年 中間報告

 2013年の医療費をまとめてみた。
 つまりは領収書が引き出しに入らなくなってきたので、一旦整理したということ。

 2010年 21万円
 2011年 60万円 ・・・私が2度入院、手術した
 2012年 24万円
 2013年 10万円 (7/27現在)

 こうしてみると、今年も、2011年を除く例年通りの推移ですかね。

 このうち私が医療機関にかかる割合は家族の中でダントツです。今年だけで、すでに、35回も掛かっている。このうち半分を薬代としても20回ぐらいは通院していることになるか。7ヶ月210日で単純計算すると、10日に1回は通院している計算になるか。

 めちゃ多いじゃん。

 ちなみに、2012年は1年で80回かかっている。薬代を半分にしても、365日で40回。9日に1回は通院していることになるか。

 もちろん、家族の中でも私の医療費はダントツです。


 あー、嫌になっちゃうよね。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by Wofnaka | 2013-07-28 13:38 | 日記 | Trackback | Comments(11)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/18201040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tama at 2013-07-28 15:52 x
ただいま~~~~Nakachan.東京暑~~~~~いです。北佐久郡最高25度、最低17度。扇風機だけ。テレビ見ず、ラジオだけ、パソコンもなし、話し相手なし。医療費お互い辛いところですね。一度(冗談)先生に薬全部やめますと言ったら”死にます”との答え。薬やめれば死ぬなら上手くやれば完全犯罪できそう。
Commented by WofNaka at 2013-07-29 10:21
tamaさん こんにちは。

お土産は「無事」でいいよ、お父さん。

みたいな心境でした。
Commented by tama at 2013-07-29 11:37 x
長野で腎臓の検査結果はどうだったんだろう?石は粉砕出来るんだろうか?優秀な医師なんだろうか?とか考えていたら以前私の中では良医の先生が患者が死んだりしても一々悲しんでなんかいられないという言葉を聞いて驚いた事を思い出した。親しいからこそ本心を言ったのはわかるし、そんなものなんだろうなと理屈では理解出来るのだけど・・・。
少しばかり知合いのWさん一人でさえ心配してしまう私にはとても医師という職業は無理だし沢山の患者を抱えて日々全力で寝る暇もなく働いて下さる私の心臓外科のW先生こそONE&ONLYな先生だと,強く思うのでした。なにしろ携帯の番号まで皆に教えてくれるんだから自分のプライベートなんか考えていない。すべてが患者の為、病院の都合や、まして自分の都合より全て患者の為。誰にでも限りなく優しい。素晴らしい人格。他に知りませんこんな医者。
Commented by WofNaka at 2013-07-30 14:34
tamaさん こんにちは。

あらあら、すみませんね。避暑地でのお休みの際に、また私の身の心配をして下さって。ありがとうございます。

検査結果で医師は石の成長をもう少し見てから砕きましょうか、と。
このお医者さんも実は石持ち。だから安心して任せられる、というところがあります。

tamaさんの主治医の方は医者の鏡と呼ばれるような患者にとっては最高のお医者さんであるようですが、何がその先生をそこまで駆り立てるのでしょうね。聞いてみたいです。
Commented by tama at 2013-07-30 15:35 x
Wさんのこのブログをこんなに読んでしまった以上、心配しないのがおかしいと思いますよ。急遽帰京したのは妻の知人が亡くなりまして私も何回か電話で話した事があり、癌になった者しかその気持ちは分かんないよねと話していました。大腸癌が肝臓に転移して抗癌剤を3年間続
け、それがいいのか悪いのか(抗がん剤は猛毒ですし治る癌は限られている)、親しい妻も会うたびだんだん弱っていく彼女を見て・・・でもやめろとは言えなくて一月前に会ったのが最後でまだ歩いて恵比寿で会ったばかりだったのに残念な事になりました。明日妻は斎場に行きます
それにしても一日一週一か月一年・・・なんて早いんでしょうか。コレでは本当に私の残された時間は少ないなと感じているこの頃です。私と比べて
同じ病人でもWさんの方が明るくて・・・器が大きい.立派です。
Commented by tama at 2013-07-30 16:08 x
私の主治医が何で患者にとって神様か、そこまで駆り立てるのは何か?本人に直接,聞いた事はありませんが人間愛でしょう。私とて100人以上の社員を雇用しその中には、とんでもない奴も何人かいたし医者でも100人以上診察されました。とんでもない悪も何人も見てきました。11年主治医を見てきて何から何まで欠点がない。看護師長、看護師、部下の医師皆に何回も先生の評判、評価を聞きました。私と同意見でした。誰一人けなす人がいない。大体が批判好き?のこの私が感心してしまうですからすごい人ですよ。ほめ言葉を並べるとここにとても書ききれないのです。いつかWさんに会う事があれば3時間ばかりお話しますよ。先生に会うのが楽しみで嫌いな病院に行くんですよ私。
Commented by wofnaka at 2013-07-31 04:23
tamaさん こんにちは。

私のはみんな命に関わらないものばかりだからでしょうね。
不謹慎かもしれませんが、関わることに憧れることもあります。私のは怠け病と捉えられかねない多くの状態の集合体です。ちりも積もれば山となり、ちりでは壁にならねども山ならば壁になるとかいう状況です。
果たして、こんな状況を器が大きいと言えるか。

私は一生懸命に生きようとしてますが、多くの健全な社会人にはそうは見えていないようです。
Commented by wofnaka at 2013-07-31 04:33
tamaさん こんにちは。

その先生を批判する方がもしいるとすれば、それはご家族でしょうかね。会社のために最良の人だとしても得てして家族のことまで最良か、なんてことはあり得ませんから。

ただ、少なくとも、病院嫌いのtamaさんにもっと生きていてほしいと思わせるような先生という方は、きっと秘めた何かをもっていらっしゃるんではないかとは、思います。
そして、その先生が「もっと生きていてほしい」と思うほどのtamaさんなんだろうと私は思います。

病気の10人を救うことと、仕事を与えることで10人の生活を支えることと、どちらも大事だと思います。瞬間的には前者が、継続という意味では後者が。そして、継続が一番大変なことかもと思うと、後者がやはり大事なことなのかもしれませんね。

選んだ仕事での適材適所かも、と。
Commented by tama at 2013-07-31 07:57 x
お早うゴザイマス。歯が悪くなる時は私の場合疲れて免疫力が落ちている時です。Wさん早く治りますように・・・・・。
先生の奥さんは元看護師です、先生を私以上によく知る人です。その上で結婚されたので批判どころか尊敬そのものだと思います。先生のお母様と(子供なし)同居されています。看護師の話だと時々看護師さんたちに、お弁当の差し入れがあり本当にいい人との事です。それから私に生きていて欲しくて・・・だけではなく患者、いやこの世の弱い患者全てにそう思っている人なんです。趣味も同じくスキンダイビングで世界中の海に2人で潜りつい最近まで病院の先生のホームページに魚の写真がアップされていました。理想の夫婦でもあるのだと思いますね。
Commented by WofNaka at 2013-07-31 19:32
tamaさん こんにちは。

歯の件、ありがとうございます。

天職なんですね。そういうお医者さんに巡り会えているtamaさんは沢山の徳をお持ちな方なんでしょう。
Commented by tama at 2013-07-31 20:00 x
Tさんのブログに久しぶりに投稿しました。
このブログには魔力があるのか連続して何回も投稿してしまい、遠慮してしばしお休みします。見ないようにします。
もう一言だけお付き合いお願いします、それは主治医の事ですが虫の知らせだったのでしょうか?病院のホームページをみてショック。先生が心臓外科部長から教育研修部長に左遷されてしまいました。病院経営上、患者主体の先生はよく大丈夫だなと心のどこかでは危惧していたのが現実となりました。57歳ですよまだ・・・・・・・。だから聖路加病院は金持ち病院なんて云われるんだなあ。私に何回も返事頂き嬉しく思います。そのうちまたお願いしますね。体悪くなりそう・・・・・・・・・・・・・・・

<< 身の丈 シートベルトがないって怖くない? >>