PCX エンジン掛らずの原因 ほぼ特定

 いやー、まさかね。

 昨日は、やっぱりバッテリーかと思って、バッテリーの充電をしましたけれど、今日もやっぱりエンジンが掛りませんでした。

 これは、どう考えてもおかしいでしょう。


 そこで、ハタと思い出した事があった。

 後ろブレーキのワイヤーの調整をしたことに。

 ブレーキの握り部分がゆるくなっていたので、調整をしてもらいにHONDAに出かけて、簡単に調整する方法を教えてもらっていたんでした。

 バイクのエンジンは、ブレーキを握っていないと掛らないではないですか。

 で、HONDAのお兄さんがやったときは、百発百中で掛かるのに、私だと掛らない場合がある。これは、やっぱり何かおかしいでしょう。

 今日は、出かけた先で、エンジンを止めたり掛けたりを何度かやったんだけど、やっぱり掛らなくって、とうとう、どうやっても掛らなくなってしまったんです。これはもうダメかと思って、幸いなことにHONDAがすぐ近くにあったので持っていこうかとも思ったんですが、そこで気がついたのです。

 もしかしたら、ブレーキの握りが浅いのかも。


 そして、もう一度、ブレーキをしっかり握ってエンジンを始動させましたら、なんと掛るではありませんか。

 もう、その後は、何度やっても掛りました。

 つまりはそういうことだったのです。

 たぶん、これで解決でしょう。


 お騒がせいたしました。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。

にほんブログ村
[PR]

by WofNaka | 2013-08-04 17:59 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/18277331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< カリウム不足か 両足がつって。。。 バイクを降りたら、靴下を見つけ... >>