World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

応募を途中下車しようかどうしようか。。。

 今日は図らずにももしかしたら一番の本命かも、というところの求人があるらしいことを人づてで知った。今まで考えた事も無かったそこだったけど、もし、本当に可能ならそこにしたいとの思いがふつふつとわき上がってしまった。

 そこで、まずは登録。

 どういう人が応募するのか皆目見当もつかなかったんだけど、様子を見守るしかなかったんだ。

 応募してちょっと経ってから、力仕事っぽい作業の依頼があった。

 何だかわからないけれど、ともかく出かけた。

 そこに集まっていた人たちは、みな一様にいかつい格好の人達だった。

 あー、場違いなところに来てしまったのかも。

 でもな、本命かもしれないから。。。

 引くに引けず、途中下車するのもはばかられ、ずるずるとそこに居続けてしまう。

 そのうち、そのいかつい格好の人達の素性が見えてくる。

 どうも重罪人らしいと。。。

 うーん。迷う。

 それでも。。。本命なのだし。。。

 どうしよう。迷う。でも、もしかしたら。。。でもなぁ、そんなことは。。。


 そんな事を考えていたら、本当に真剣に悩んでいたら、目が覚めた。まだ明け方の5時前だった。


 そんな夢を見た。

 そろそろ、焦りが出てきたのかも。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]
トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/18311079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tama at 2013-08-08 10:33 x
前にも書いたが、このなかちゃんのブログを読むとついつい毎日投稿してしまうので長野にいるのにまかせて控えていたのですが・・・・・・・・。
いつもこの夢の話には騙されてしまい最後に夢とわかり、がっかりしたり、ほっとしたりするのです。8年前、娘の中古のパソコンを貰い受け殆ど独学で未だに中指1本でキーを撃ち、殆どの機能を使用出来ないままよくブログに書けるものです。ですからクラインフェルターな日々なんて最近読み出したんですもんね。2012、3、22の患者の心が傷つく時
等を読むと、自分の数々の同じような経験に共感するとともに、思い出すと過去に腹が立ち、書ききれない程多くの医師に対する反感に心が痛みます。その反動が主治医の話だったんですね。きっと。
Commented by WofNaka at 2013-08-08 21:00
tamaさん ご苦労様です。コメントありがとうございます。

 「こんな夢をみた」これは黒沢彰監督の映画の「夢」の、各夢の間に挿入されている台詞です。私はこの「夢」という映画が大好きなのです。だから、夢の話を載せるときには、この台詞を拝借して使っているのです。
 そして、読み手には、なんかおかしいんだけど。。。って一通り翻弄したあげくに「夢」であるとネタばらしをしているのです。
そういう意味で、tamaさんは、私がみた夢のリストのよき読者、ということになりますか。

ありがたいものです。
Commented by tama at 2013-08-09 07:47 x
おはようございます。黒澤明の{夢}を意識しているのかな?と思っていましたが、やはりそうでしたか。それから前から思っているのはTさんのブログ始める手助けしたのはNakaちゃんのような気がします。
ところで長野の我が町でも岩手大槌町に10年間援助して行く事を決めていろいろやっているのですが大槌町役場に電話しても知らないとの事、たくさん多くの所から援助して頂いていますので、なんて言っていました。何も押し付けがましく援助している方が言う事ないんですが、津波防ぐ防波堤の事を宮城に以前電話した時も役所は知らないのです。
宮城県知事も人がいいだけで仕事が出来ないし岩手県知事も私は大嫌いです。当時の顰蹙を買って辞めさせられた松本防災大臣との事で
(弱気な対応)これは復旧が進まないと思いました。「県でコンセンサスを得ろよ。そうしないと我々は何もしないぞ。ちゃんとやれ」[お客さんがるときは自分が入ってからお客さんを呼べいいか、長幼の序が分かっている自衛隊ならそんな事やるぞ、わかったか?」こんな事言われて被災者の長である村井知事何故、激怒して言い返さないのか、それでも防衛大学出てるんかい?ああ興奮してしまった。
Commented by WofNaka at 2013-08-09 08:35
tamaさん こんにちは。

監督のお名前を間違えてましたね。訂正いただきありがとうございます。

さて、現地の復興はどこも進んでいません。
みんな、金を出すから自分たちで計画しろと言いますが、誰も計画できないのですよ。役所も県も、国も。指針を決めても現地にはそぐわないし。

ところで援助って何でしょうかね。

これは介護もそうですが、できるのにやってしまう、できないとこだけ助ける。後は見守る。

あるところでは立派な花壇を贈られたそうです。でも現地の人は、花壇って、少しずつ手入れをしながら大きくしていくのが楽しいのに。。。って。

また、大きな集会所を贈られたそうです。ある目的のために使って下さいって言って。でも、その目的が邪魔をして周辺の利害関係が複雑で、結局使えない場所になってしまった、とのこと。運営面まで順調に行くまで面倒みたらよかったのに、とか。

援助って難しいものです。10年間援助されるようですが、果たして。。。

ありがたいんですけどね。


ところで、Tさんのブログ。器だけ用意しましてね。後は困った時だけ手を出そうとしていますが、いまのところ大丈夫なようです。
by WofNaka | 2013-08-08 08:36 | 夢の話 | Trackback | Comments(4)

by WofNaka