World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

審査会

 体育館のような場所の右奥で行われていた審査会。

 何の審査会かは思い出せないのですが、こちらから見て正面(体育館右奥から左方向)に7.8人の審査員が横一列に並んでいた。こちら側には数十名の参加者が整然と並べられた椅子に腰掛けている。そして、その間の右端に、階段状になったところに審査する物が置いてある。

 参加者は、その審査する物の側に行って、利き酒とかのように、一つ一つを手に取って見ながら確認していき、それを審査員が審査するらしい。

 会場全体はほぼ真っ暗。そして、右奥の上方には、カーテンが一部開いているところがあって、そこから場違いのような光が鋭くさし込んでいた。

 私はその審査会では初心者の部類に属する。
 私が審査される番になったので、参加者の集団から抜けて審査員の前に進み出た。

 背後の参加者からは冷ややかな視線を浴びながら。

 私はこの暗さには慣れていなかった。そして、その暗さに慣れそうになったその時、カーテンの隙間から差し込む光に視界を奪われて、めまいを起こしてしまった。審査員の列が全くの逆光になって見えなくなって、自分がどこにいるのか分からなくなってしまったんだ。

 だから距離感をつかむために前方(審査員側)に進み出た。

 そして両手を突き出して腕を動かしたら、審査員の2人の頭を互いにゴッツンこしてしまったらしい。

 背後の参加者の集団からは失笑が漏れる。

 でも、こちらはあまりに暗すぎて、あまりにまぶしすぎて、わからなくなってしまっていたんだ。




 なんか、そんな夢を見た。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]
トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/18533481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by WofNaka | 2013-09-09 08:51 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka