World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

東北への旅 〜AUは入る って言わんだろ この状況〜

 山の上の宿とは聞いておりました。

 もちろん、ホームページも見て行きましたけど、その、山小屋、という感覚が私にはよくわかっておりませんでした。

 携帯電話は、AUは入るから、と。

 それで、一応、就職活動中の身としては、応募中の会社には、日程を教えて、連絡は付かないと思います、と連絡して出かけました。家族には、単に、宿の名称しか教えていませんでした。電話は『常時』繋がると思って疑わなかったからです。


 22日の夜遅く宿に到着し、食事後、すぐにお湯に入り、もう倒れ込むように床に就きました。

 翌朝起きて、ちょっと回復したところで携帯電話の電源を入れます。

 一応、電池の消耗を抑えるために通信モードを解除しておいてあったのです。

 あれ、アンテナが立たない。

 AUは入るって言ってたじゃない。

 もしかして、携帯電話は使えないってこと?

 家族には、前述の通り、使えないとは言ってきていません。

 急に、心配になりました。

 携帯電話を持って部屋の外に出ます。

 すると丁度そこに宿のご主人が通りかかりました。

 「あのー、携帯電話なんですがぁ・・・」

 「あー、あそこのベランダの先でしか入りません、それも角度によってかろうじて」

 えっ、やっぱりそうなの?

 そして、キャットウォークのような板張りだけど下が見えるベランダの端に移動しました。

 みるみるアンテナが立っていきました。

 でも、ちょっと携帯電話の向きを変えると入ってきません。

 そこで、LINEで「アンテナが立たないところにいる」とメッセージ送信。こちらの電波状況を連絡してホッといたしました。

 のちに、さらに上にあるロッジと、さらに上にある秋田駒ヶ岳の登山口付近で入ることがわかりましたけど、ロッジの室内の一部以外は、みな外です。寒いです。

 写真は、ロッジの電波が入る唯一の場所。(網戸越しの写真です)
a0265144_20512167.jpg


 もう、必要な時しか、送信モードにせず、また使わない時には電源を切るようになってました。

 つくづくAUで良かったと思いましたよ。

 ちなみに、どこでも使えそうな名前の会社のは、ちょっと下に行けば入るようです。あのCMが面白い、柔らか銀行は全くダメだそうです。どこでも不評でしたね。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/18682551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Takeshi at 2013-09-27 16:26 x
先日の東北の旅路のアップ拝見しました。
道中は、いろいろとあったようですね。高速道路では、何かと車にまつわるハプニングもあるでしょう。車の事故に遭遇することは、ほとんどないに等しいのが地方の高速道路ですが。都会というか、首都に近いと何かと交通事故は起きうるものですよね。確かに、ガソリンタンクに引火しないでよかったですよね。

携帯電話の繋がらないエリアまで行かれたのですね。
秋田駒ヶ岳というと、田沢湖とか近いのでしょうか?

秋田には、先日行ってきましたけれど、内陸部でなくて日本海側の男鹿半島へ行ってきたのが最近です。男鹿半島に、私の兄弟(なまはげ)がいて、なまはげが兄弟というのは冗談ですが。なまはげを見に行ってきたのですよね。

今年は、自家用車の調子が悪くて、とても出かけれそうもないですけれど。また、いつか秋田県と青森県へ出かけてみたいものです。
東北の旅路のアップ写真を見させて頂いて、一瞬ですが森林のイオンを吸収できたように感じました、行ってみたら一段と感じるかもしれないですよね。旅路、無事に帰ってこられてお疲れ様でした。
Commented by wofnaka at 2013-09-28 09:18
Takeshiさん こんにちは。

今回は、標高が850m付近の山小屋の温泉に泊まったのです。田沢湖も山を越えれば、という所にありまして、行って参りました。
紅葉は、ちょっとだけです。消費税並みでしたけど、これからの季節はいいでしょうね。

是非、北東北にお出かけください。
by wofnaka | 2013-09-26 21:13 | 日記 | Trackback | Comments(2)

by WofNaka