東北への旅 〜リンゴは本当は何個はいってたのか〜

 22日に陸前高田市に寄った時のこと。

 私は前日の睡眠不足でかなり体調を崩しての陸前高田入りで、産直はまなすに到着した頃は、その疲れもピークに達していたのでした。そして、ここで何か果物を食べて、本来のなかちゃんにちょっとでも近づこうかと思って、墓参用のお花の他に、ということで食べ物を物色していたのでした。

 そこで見つけたのが、さんつがる(だったかな)という名のリンゴ。一袋で500円。そして、今や何個入っていたのか、想像することしかできないミニトマト、270円でした。

 昔からプチ級のトマトは大好きで、運転しながらとかホイホイを食べていくトマトでありまして、とても色も形も申し分ないものを買ったのでした。
そして、あの事件「それは なかちゃんのトマトだどぉ」です。

 あー、なんたる失態。

 あのミニトマトの味を、永遠に味合うことができない私なのでありました。

 しかし、マリちゃんの大好物は実はリンゴでした。

 もう「リンゴ」って言っただけで、耳も目も反応し、しまいにはよだれを流す始末です。

 そんなマリちゃんの前に、リンゴとミニトマトを見えるように普通に車に積んだ私は、やはり疲れていた、ということでしょうか。

 かろうじてリンゴには傷もついていなかったのは、マリちゃんの失敗か、マリちゃんのお情けなのか、いえいえ、マリちゃんにはそんな優しい心は身につけておりませんことよ。もしかしたら、痕跡を残さないように、こっそり1個食べていたか。きっと、固そうなものは後にして、とりあえず作物的弱者である柔らかいトマトに手を出したと見るべきでしょう。

 そして、この事件の直後に、私は、このバッグにリンゴを隠して一路国見温泉に向かったのでした。
a0265144_1344544.jpg


 ま、臭いはするでしょうけど、ものが見えないし、マリちゃんらも厳重な監視下に置かれたために手が、いや足がでなかったのだろうと思うのです。

 そして、宿でもこんなふうにして絶対に手が、いや足が届かないところに確保したのであります。
わかりますか、写真の中央になにげなくぶら下げてあります。
a0265144_13102414.jpg


 このロッジの私が泊まった部屋は、畳敷きなので犬は入れない部屋なのですが、ほら、何を考えているのかわからないワンちゃん達の事ですから。ここまで厳重にしなければ、と思ったのです。

 そして、温泉宿について、早速味見を。

 いやー、陸前高田のリンゴは青森のリンゴより美味しい、と言われますが、まさに、美味かったでしたよ。

 それで、この味を他の人にも分けてあげようと思い、6個を宿のおばあちゃんに差し上げました。「皆さんで食べて下さい」ってね。

 そして、そして、皆で食べている時に、マリちゃんの飼い主さんが、マリちゃんにちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、そのリンゴを与えたのでした。

 いやー、動物って正直ね。

 もう、リンゴを切ったお皿から目が離れません。

 お皿を空中でぐるぐる回せば、視線も着いてくる、そんな状況で遊んでおりましたら、飼い主様から、後で、足で蹴られるよ、とのご注意。
その後、私は、足で踏まれたり、蹴られたり、吠えられたりと散々でした。

 でも、三泊四日の中で、このリンゴは襲われることなく、なんとか死守いたしましたのでござります。

 だいたい、一日に2個ちょっとのペースで食べていきまして、最後に、数を数え直してみました。

 たぶん、15個入って500円だったのだろう。と。


 でもね、確かではないのです。

 本当に、マリちゃんに丸々一個食べられていないのか。

 いまでも、そこがわからないのです。


 そして、部屋にあったこれ。
a0265144_13185370.jpg


私には、どうしても「犬の用心」としか見えないのです。

そんな旅行でした。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by wofnaka | 2013-10-02 13:19 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/18715395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 東北への旅 〜9月23日は「国... 東北への旅 〜田沢湖へ〜 >>