World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

思いも寄らぬ方向に勝手に進んでしまう

 自分が立場上責任者として、こうやりたい、と思っても、周囲には周囲の思惑があって、特に周囲が自分よりも年上で例えば親戚なんていう、超やりにくい状況にあると、本当に、作業が変な方向に勝手に進んでしまったりするものです。

 最近、ちょっとした規模の敷地があって、そこの地下から石油が採れることがわかったんです。そして、それをそのまま利用してガソリンスタンドを経営しようかなって思って、その工事に取りかかったのです。

 敷地の端っこに小さい事務所を建てまして、真ん中にテーブルを置いて、テーブルの真ん中は厚い板でセパレーションをしています。一応、食事とかもできるようにキッチンがあったりして、テーブルのキッチン側は従業員用。反対側はお客さん用とかかな、とか考えましてね、そんな配置にしました。

 従業員は、1人。私よりも若い真面目そうな男性です。

 工事の方も着々と進んでいるんですけれど、途中からなんかおかしい。

 まず、事務所の方。

 親戚のおじさん夫婦が来まして、キッチン側のスペースでお茶してます。その脇にはワンちゃんが2匹。

 事務所に入って行くと。。。

 あー、ここはうまくやっていますから。今、お茶しているところです。ワンちゃん達も大人しいものですよ、とか言っている。

 いや、そこは、そうでなくって、なんて、私には何もしゃべらせる隙も与えてくれない。


 スタンドの方の建物についても、これじゃ車が入るスペースなんかないじゃない、ってぐらい建物がどっしり構えている。しかも、全面ガラス張りの高そうな建物。

 なんで、こんなの建てたの?

 工事の人が、事務所にいるおじさんの方を指差して。。。

 あっちの人が、こうしろって。


 だからさ、責任者は私なんだから、こっちの話を聞いてくれないと。

 そんなことはお構いなしで、どんどんあらぬ方に進んで行く。


 私は、自分の作業用にガソリンをちょと抜き取っていると、邪魔だと言わんばかりに工事の人がぶつぶついいながら資材を運んで行く。

 そして、一番肝心な、そのガソリンの取り出し口を、建物で塞ごうとしているではないか。

 おいおい、それは・・・。。。

 ここがメインの取り出し口なんだから、って言ったんだけど。。。


こんな夢をみた。

 私の心中もそんな感じなんだろうな。


もうひとつ、強烈な夢をみたのだけれど、今はもうどんどんとその記憶が、薄靄に隠れて消えて行く。だからここにはもう書けない。

 カウンターで忙しくしている娘と、家の引っ越し。とても嫌な気持ちに自分がなっていることしかわからない。

そんな夢をみた。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]
トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/18807913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by WofNaka | 2013-10-18 09:38 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka