World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

こういう医者はたいがいこんなもんよ

 昨夜からまた急に咳が酷くなって、漢方だの西洋だのがごっちゃになってしまっている薬達ですが、ここまで来ると、もう医者にいかないと、ということで今回は家内が掛かり付けの病院に行く事に。

 広い診察室の中で、なぜか余裕の表情のお医者さんが、ふんぞり返り気味に腰掛けて、こちらをニヤニヤ見ている。

 まるで、鴨が来たと言わんばかりだ。

 診察に入る前に、自分の講釈をたれはじめた。

 そもそも気管が弱い人は、鍛えないといけない。私の長年の研究成果をお見せしよう、とか言って、隣の部屋に連れて行く。

 そこは在庫をたくさん抱えた倉庫のような場所。その山のような箱の一つを取り出して私に手渡した。

 そして、診察室に戻ると、慣れた仕草で箱を開けて、こういうのは組み立てる楽しみがないといけない、とかなんとか言いながら組み立て始めた。

 診察は?

 そして、こういう輩の定番は、自説を押し付けて、何でもない商品を高く売りつけるんだよね。

 一連の話が終わって帰途についた。

 お金はいくら掛かったのかはわからない。

 そして、その装置は、私のベッドの脇に放り出されてある。

 そう、使えないからだ。

 そうして、7時間半の眠りから覚めた私は、いきなり咳き込み始めた。部屋がものすごく寒くなっていたからだった。


そんな夢を見た。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]
トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/18966662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by WofNaka | 2013-11-14 12:39 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka