PCXがなくなった?

 出かけた先で、預かってもらっていたはずのバイクがないのではないか、と気がついた。

 そういえば、どこに置いたっけ、誰に頼んだのだっけ、いつまで預けてもらうようにお願いしたんだっけ、そもそもなぜ預けたんだっけ。

 どう考えても、思い出せない。

 最近、いつ乗ったっけ。

 もうダメだ、何も思い出せない。

 そのうち周囲の人も手伝ってくれて、倉庫や、周辺の駐車場とかも探し始めてくれた。会社の事務所のパソコンでは、そこで扱っているバイクのリストを眺めたり、盗難車のリストを眺めたりしている。そのうちに、この会社自体が危ない会社だったんではとかいう憶測も飛び交い始めた。

 そうしているうちに、今度は、私の携帯もないことに気がついた。

 どこまで持っていたっけ。最後に使ったのはいつだっけ。思い出せない。

 そして、バイクの方はどうしても見つからないとの報告。私は、もうバイクは諦め始めていた。

 後ろで、家内が、バイクでなくって、本当は、携帯がなくなっているんでないの? って言っている。

 そうしたら、事務所のパソコンで何やら調べていた人が、携帯の契約の中で中国人の名称がある、って言い出し始めた。

 それを聞いて、ちょっとあることを思い出した。

 販売店で契約している最中に、近くに、中国人のどっかの家族がいて、携帯電話の契約情報を大きな声で確認している時に、携帯自体もあっちこっちに手渡されていたことを。

 その話をしたら、確かに、ある機能の契約だけ、中国人が設定していることがわかった。

 そして、そのミスは販売店側にあることを全面的に販売店側が認めたので、そちらが責任をもって対処してくれることになった。携帯電話が出てきてからね。



そんな夢をみた。

さて、目が覚めてから思ったのは、マンションの駐輪場にはバイクが置いてあるではないか。と。

どうして、バイクと携帯なんだろう。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]

by WofNaka | 2013-11-18 19:11 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/18988955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< プロかどうかの判断は、第三者が... 卒業論文 >>