残忍な亀

 小さくて普通のサイズ(人の手のひらサイズほど)の時は可愛くて何もしない優しい亀なのに、それが5倍のサイズになるときがある。

 それは飼い主が私ではなく、やつらの手に渡った時。

 そして、その大きなサイズになった時、あの可愛かった亀は、小さいサイズの優しい時を忘れたかのように凶暴になって残忍なほどに人を襲う。

 食い散らされたあの残骸には目を背けずにはいられない。

 そして今、その亀は小さいサイズで私の手元にいて、可愛いその姿を見せてくれている。

 でも今夜は、その亀を家に置いて出かけなければならない。

 どこに置いておこうか。

 水辺がいいかなと、井戸の中に放ったら、部屋にいた男性から、これだと逃げちゃうよ、って言われて、確かに逃げて、あー、そして、また大きくなってしまって人を襲うかも。。。

 そう言えばこいつは、手足を引っ込めるとそこからジェット噴射して空を飛べるんだった。

 どうしよう、って途方にくれた。。。



そんな夢を見た。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]

by WofNaka | 2014-04-01 08:31 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/19629918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< パジャマでおじゃま 100円返すって言われても >>