川の中の女子高生

 自宅のすぐ近くにある若い女性が引っ越しするので手伝って欲しいって言われて手伝った。

 どっかで見た事がある人なんだけれど、よく思い出せない。

 そして、私は自分の部屋から窓辺に面した大きな川を眺めていた。


 そうしたら、その若い女性が川の中に立って、胸まで川の流れて浸っていながらこちらの方を眺めて何やらブツブツと言っているのが見えた。

 川の水は、目を凝らさないとわからないほどの流れだったけれど、水、冷たくないのかなって思ってた。

 私の耳には、その女性が引っ越した建物が重機で壊されるバリバリという音も聞こえていた。

 女性は、水に浸かりながら、その壊されていく建物を見ながら、建築屋かー、って言っている。

 どうやら、自分の将来の設計図を頭に思い浮かべているようだった。

 その女性が、こっちと一瞬見たので、こっちこっちって手招きをした。

 その瞬間だった、その女性の周囲に20人ぐらいの同い年くらいの女子高生が現れたんだ。

 それから体格がいい大人の男性が一人。

 まるで遠足でここを訪れたみたいな。

 みんな薄い水の流れに身を任せている。もっとも、彼女らに水が見えていたかどうかはわからない。


 私は、まだ、こっちこっちってその女性に手招きをしていた。

 周囲の女子高生が笑いながらこっちを見ている。

 変なおじいちゃんが、あなたに手招きしているよ、って笑いながら言っているんだ。

 変なおじいちゃんか?

 確かにそうかもしれない、パジャマ姿で布団から顔だけ出して窓辺から顔をのぞかせているからなぁ。


 でもその女性は、周囲の女子高生の冷やかしにも動じずに、こっちらへ寄って来た。

 そして、何? と。

 どうやら、引っ越しの手伝いをした私に気がついていないらしい。


 そこで、貴女の部屋が取り壊されているね、って言うと。

 そこで初めて、自分がきた遠足の場所が、自分が住んでいたすぐ近くで、このおじいちゃんが手伝ってくれた人だって気がついたらしい。


 そして、この後の展開がとっても気になるところなんだけれど、無情にもここで目覚ましが鳴る。


そんな夢を見た。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]

by WofNaka | 2014-04-01 08:55 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/19629985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< タイムトライアルな5階 パジャマでおじゃま >>