噴火

 実家の背後にある尾根のちょっと海寄りのところから、いきなり噴火した。

 ここの土地は、少なくとも火山とは縁がない地のはずなのに。

 いきなりだった。ハワイのキラウエアのように、粘土の柔らかい溶岩が吹き出したのだ。

 幸いなことに、実家への影響はなさそうだった。

 でも、噴火って地球規模だから、いつまでこの状態が続くのかわからない。

 まだ始まったばかりなのだ。


 でも、終わりはすぐに訪れた。

 そう。目覚ましが鳴ったからだ。


そんな夢を見た。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]

by WofNaka | 2014-05-07 18:55 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/19770596
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 3人掛けの席の女性 速報 今朝の地震 >>