World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

ハウスキーピング

 私の実家で今日は、若い女性2人によるハウスキーピングが行われていて、そう、特にトイレの清掃をやっていただいていた。

そして、外に繋がる廊下でも。

普段、水気のないところにシートを敷いて、水タンクからホースが出ていて、底から出た水が、排水用のパイプを経て大きなアルミサッシドアの隙間から外に流れている。

実家には、私と下の娘がいた。

下の娘は昼までも布団に横になっているんだけれど、今日は、久しぶりに出かけるのか、着替えをしたりしている。

実は、私と娘は格闘技をやっていて。

今日はその大会があるので、これから出かけるところ。

だからハウスキーピングの方々には、早々に作業を終えてもらって、帰ってもらいたいんだけれど、なんていうか、モタモタしていて、なかなか作業が終わらずに、そこにイライラしている私だった。

娘も、かなり緊張しているっていうか、時間を気にしているようで、さっきから目覚まし時計のアラーム音が聞こえてきている。

私は、そののんびりとした作業にいらだちを憶えはしたものの、それを出さずに、家の周囲を見る為に外に出た。

玄関を出てすぐのところに配電盤みたいなケースがあって、そこを開けたら、4台のハンディー無線機が立てかけてあった。

どれも泥まみれになっていた。

そして、配電盤のようなケースのそこには、泥水がたまっていた。

私は、無線機についたこってりとした泥を落とす為に、泥水にちょっと無線機を漬けて汚れを落とした。防水なはずだから少々の水は大丈夫なはずなのだ。いわゆる、泥を泥で洗う、みたいな感じだ。

そして、動作確認をするために、1台の無線機のスイッチを入れた。

私は無線機に向かって声を出した。ハローテスト、ハローテスト。

受信感度良好です。こちらは、非常設備を確認して最大級の警戒で待機しています。

意外にも、その無線機の周波数を聞いていた人がいたらしい。返事があった。
全くこれには驚いた。


一通り点検が終わって、家に戻ると、もうハウスキーピングの方々は帰ったようだった。

娘も出かけていなかった。

私も会場にかけつけるべく、長い廊下を小走りで向かい、会場の前の駐車場に着いた。

大型バス3台が止まっていて、それぞれの全面に、超有名な格闘技の選手のポスターが張られていた。

そして、バスの前には、私の師匠が立っていた。

私たちも、こういうバスに乗るんですか?

このバスは、超有名格闘技の方が使うバスで、私らのはないよ!! って師匠にどなられてしまった。


遠くから、携帯電話へのメールの着信音や目覚ましのアラームの音がまだ聞こえていた。

何度も何度も聞こえていた。

あー、うるさいなー。

って音を振り払おうとしたら、目が覚めた。



そして、私の携帯には着信がなかった。


そんな夢をみた。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]
トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/19872324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by WofNaka | 2014-06-06 08:31 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka