油断できないプール

スケート場よりちょっと小さい漢字の建物の中に、水深が1mほどのプールがある。

水は澱んでいて、何やら時折、水面が波立つところを見ると、水中を大型の生物が進んでいるようだ。

口を開けるとバレーボールを飲み込んでしまいそうなほどのナマズがいるのを見たと言う人もいて、気軽にプールにてを突っ込んでみるとか、プールサイドを歩くなんてことはあまりにリスクが大きいということはわかる。

ただ、全部が全部そうでもないらしく、中には小振りな愛嬌があるイルカもいるらしい。

事実、今私らがいるプールサイドに、まるで遊んでくれと言わんばかりに、頭をプルサイドにもたれかけているイルカがいる。

でも、油断してはいけない。

罠かもしれないから。

よく、このプールに一人で来て、その後姿が見えない、という噂が後を絶たない。




そんな夢を見た。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]

by wofnaka | 2014-08-21 08:52 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/20122712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< サイレントキー 昔の同僚に誘われて >>