災害への備え いつやるの? 今でしょう

 さっきのNHK特集での「巨大災害」。いい番組でしたけど、ほんの目次程度だったのが残念でした。
海水温しかも、海面下100mほどの海水温が高いことがスーパー台風を作るのに関係しているそうです。

そして、スーパーコンピュータ京を使っての伊勢湾台風を基礎データとしてのシミュレーション。
日本列島の半分を覆う暴風域、津浪のような破壊力を持った数mの高潮、風速70m以上の風。
それらが、大阪、名古屋でどう影響がでるのか。
太平洋ベルト地帯に与える影響。
 
もう南海地震、東南海地震、東海地震を待たなくても、いつ起きてもおかしくない災害であることは一目瞭然なわけで、それへの対応策の検討が急がれるのです。

課題は出た。後は、いつからそれを検討するの?
 
今でしょう。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

[PR]

by wofnaka | 2014-08-31 23:20 | 災害&ボランティア | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/20153521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 療養所に母がいた 過去見た夢のリストです2。(随... >>