空中に浮くための袋

つづら折りになっている山に登って行く舗装されていない道があって、そこを子ども達が奇妙なものに乗って登って行くんだよ。

なんて言うか、座布団のふた周りくらい小さい四角いもので、中になんか気体が入っているらしいのね。

で、ボタンを操作すると、手前の右側からその気体が吹き出して、それを動力にして浮き上がって進めるみたいな代物。

試しに私もやってみたんだけれど、どうも大人には重過ぎるみたいで、乗っかってボタンを押しても、重みで地面に着いてしまうのね。

それを使わない方がよっぽど登れ易いんでないか、って感じでした。



そんな夢を見た。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by wofnaka | 2014-10-04 17:28 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/20256342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ふふふ、ダミアンを越えたぞー 眼下で点滅する灯り >>