World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

気迫はわかるけどね

 ナチのようなところに強制的に収容されてしまった父娘が、深夜、果敢にも、というか無謀にもというか、脱出を試みることに。

 父ちゃんも娘も、その脱出の気迫がものすごくて、口出しできない状況なんだな。父ちゃんは若い。娘は20歳前後だけどね、ジャンヌダルクのイメージを思い起こさせるのよ。

 父ちゃん気迫は娘よりも若干弱いのね。っていうか、父ちゃんは、自分が犠牲になってもいいから娘をなんとか脱出させたいって思っているのよ。健気だよ。

 だから、一緒に飛び出したはいいんだけれどね、最初から計画してあって、別行動なわけね。

 父ちゃんは(よせばいいのに)正面から逃げようとしている。つまりは、普通に廊下を通ってね、検問がある出入り口から出ようとしているんだ。時間稼ぎだな。

 ま、つもりはそうだろうけどね。そうならないぐらい無計画だ。

 でも、娘の方は違う。もう最初から天井の近くにある採光窓から脱出して、今は、高い場所にある収容所と町とを繋ぐ、長い長い回廊の下で、懸垂下降しているんだな。

 でも所詮、小娘の力よ。

 もう、手が腕がプルプルしちゃって、身体を支えきれない。暫く、そういう体勢で我慢しているんだけれど、もう限界って感じ。

 しかも、すぐ上の回廊は、人通りが多いときている。もちろん、敵だ。

 下は底が見えない崖になっている。

 もう、絶対絶命の危機よ。



 こうなると、もうその先、というか、早く結論を知りたいでしょう。




 私も知りたい。

 でも、無情にも、ここで目が覚めてしまった。

そんな夢を見た。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/20375339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by WofNaka | 2014-11-13 13:47 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka