包丁が折れた

 私はよく夢を見るんですけれど、夢であってもとても危険な、すぐに対応しなければいけないものに関しては、無理矢理目を覚ましてでも状況確認をする、という癖がついてしまっているんです。

 いつぞやは、情報セキュリティーに関することで、これは実際にもとてもヤバかったんですけれど、すぐにそのヤバさ加減に気がついて、起きてパソコンを起動してリモートで対応したことがありました。

 でも、全く夢そのものというのもあります。

 そんな現実的でないものについては、夢の中で判断してこれは夢以外ではあり得ないと判断して、対処してしまうこともあります。ただ、あんまり考え過ぎているので目は覚めてしまうんですよね。

 で、今回は、包丁が真ん中から折れてしまったんです。

 しかも折れた先は、文字通り刃物のように尖っているんですね。

 そして、これも今までと同じように、現実なのかどうかを確認するんだよ俺は的なことを考えて、結局は起きずに夢の中で対処してしまった、という夢だったんですよ。

 わかりますか?

 現実かどうかを確認しますよ、起きて、って思いながら寝ているってことですよ。

 いくら夢を見て満足するって言っても、こんな夢じゃ寝た気がしません。

 今朝のはこんなのばっかりでした。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by wofnaka | 2014-11-30 19:47 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/20448968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 会員制ホテルでの飲み会 山登り >>