World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

痛み

 今日は家族みんなでリゾート地へ。日帰り旅行です。

 盛岡から電車で北方面を回って三陸沿岸のどこか、宮古か釜石あたりの海沿いにあるホテルに来ています。

 子供らと家内は随分と楽しんだみたいでした。

 私はこの機会に、家内と娘らにプレゼントをしたいと密かに思っていて、物色することで一日を追われておりました。

 家内と娘に洋服を探していたんですが、変った物しかそこには置いてなくって。。。

 様々なカラーの30cm四方の皮を継ぎ合わせたようなコートがあったんですよ。しかもリバーシブルになっていて、裏地は茶色なのがあって、それは家内にと思って買いました。娘にも同じようなのを買ったんですよ。

 他には、毛糸で編んだようなピンポン球くらいのをいくつも毛糸でつなげたようなものがあって、何に使うのかはわからないのですが、毛布の中にそういうののサイズが違うのがいくつも入っていて、毛布の中に手を入れて、それでサイズを確認するみたいな仕組みになってました。

 そして、もう夕方になった時に、家内と娘にそれをプレゼントしたんです。

 喜んでくれました。

 私も大役を果たした気持ちでホッとしたものです。


 でも、裏地を見た家内が、あー、残念、って。この色は、って。

 どうも茶色が気にいらなかったようなのです。


 そこがケチのつけ始めになりました。

 夕飯を食べに出かけます。ホテルの海とは反対側のところのテラスに席が用意されていました。

 みんなでそこで食べ始めましたが、突然娘が立ち上がってトイレに駆け込みました。

 醤油が、とか言ってました。

 どうやら食べてはいけない種類の醤油だったみたいでした。

 私はあとから追いかけます。

 そう思ったんですが、今度は私の身体が動きません。

 上半身に痛みがあってそこから動くことができなかったのです。

 痛い!!

 暫くして、なんとか動けるようになって、キャベツの千切りを口にしたんですけれど、とても変な味で吐いてしまいました。

 そしてそのキャベツを右手に掴んだまま、娘を追って部屋に向かいました。

 娘は、すぐ近くにあるドアから中に入って行ったので、私もそこのドアから入って行ったのですが、そこは大きな厨房でした。

 そしてあちらこちらにキャベツを千切りした物がうず高くあるのです。

 もちろん、テーブルの上だけではなく足下にも。ものすごい量でした。

 そしてその通路を滑らないように慎重に駆け抜けながらやっとエレベータのところまできたのですが、キャベツの芯なんかがその辺りまで散らばっていて、掃除の人が厨房の外にまで散らばったキャベツを掃除していました。

 私はそこのエレベータに乗る事はありませんでした。

 痛みでまた動けなくなったからでした。

 痛い!! 痛い!! 痛い!! 痛い!! 痛い!! 痛い!!

 そう言い続けていたら、目が覚めてました。

家内が隣で背中や肩をさすっていてくれました。
夢ではなく本当に痛かったのです。

そんな夢を見た。 

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/20705745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by WofNaka | 2015-01-13 08:48 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka