私の戦闘レベルは初期値になった

 私は自分では望んでいないのにこの戦いに巻き込まれていた。

 私は黄色組。

 なんで青でも緑でもない黄色なんだかよくわからないんだけど黄色組。

 そして、これは運動会ではない。

 ただ、どちらにも属さない人達もいる。

 赤ん坊とかお年寄りとか。

 でも、そんな属さない人達にも容赦なく攻撃してくるのが赤組だ。


 武器は小さい鏡のような丸い平面をもった銃。中心に光源があって引き金を引けば、まっすぐにその光が延びて、相手に当たれば倒すことができて、相手からの光をその平面で受ければそれが鏡の役割をして回避したり、相手を逆に攻撃したりできる。そしてその光の色が赤いのが赤組で黄色いのが黄色組になっている。色を見ればすぐわかるけれど、色を見ないと敵味方がわからないっていうのもある。


 光に当たるとどうなるか?

 命まではとられない。そりゃ痛みは半端ないけど。

 そして戦闘レベルが初期値にまで戻ってしまう。


 それからバーチャルな場でも戦闘があるっていうところが今時だ。

 iPadなどの画面に、戦闘の様子が表示されていて、◎が人を表していて、ほのかにお互いの色がついている。あるボタンを押すと、一つの◎が複数に分かれるという機能もある。全部の◎がやられればアウト。一つでも生き残れればセーフみたいな。


 今、私は大勢の◎に追いつめられている。多くの光の銃弾が画面の上を所狭しと飛び交っている。しかも、画面の端っこに当たると反射してくるからやっかいだ。

 複数に化けたって、もう叶わない相手の数。

 もうダメかと思った時、突然私の近くに雲が現れた。この中に入っていれば一定時間は相手に見えないし攻撃されない。雲隠れできる。
 
 でも、今回は、大量の敵に覆いかぶされたしまっていて、雲隠れが通用しない。


 もう雲の影が薄れて来たその一瞬を見計らって、私は指で自分の◎を表示エリア外に移動させた。あまりの早業に敵は付いて来れなかったみたい、今回は。


 それから、敵なんだけど、例え家族でも同じ色とは限らない。

 例えば、私の娘は敵、赤組だった。

 それを知らないもんだから、つい油断した隙にやられてしまった。


 でも、やられるとどうなってしまうか、とか、どうすれば避けられるかなんかを教えてくれるから、有り難い。


 そして、私の戦闘レベルは初期値になってしまった。

 攻撃力は低下しているし、防御レベルも低下しているので、それらをカバーするのは年季しかない。つまりは年の功だ。経験。


 左方向上空から大量の敵が襲いかかってくるのが見えた。

 私は、壊れた建物の残骸の隙間に身を隠した。ここならあの速度なら見つからない。

 でも油断禁物。敵の中には倒した相手や倒れている人にも容赦なく確認の一撃をするやつらがいるから。

 それと、もう一つこの銃には使い道があって、空に向かって大きな色を発することができた。それが光ったら、それぞれ銃を持っている人達は、自分たちが持っている銃が何色なのかを光源を開いて知らせなければならないというルールがあった。

 私はさっき、それを使っていて、大量の敵の背後に、多くの味方の色を知っていた。これなら勝てるかも。

 そしてそして、戦いは永遠に続くかに思えたその時だった。ピピピツ、ピピピッ。。。

これは何の指令かと思ったら、目覚まし時計だった。

そこで目が覚めた。酷い頭痛がしていた。もう逃げるのが大変だったもの夢の中で。

そんな夢を見た。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2015-01-14 08:49 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/20712605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ちょっと大崎まで、バイクで。 痛み >>