修業

 二階に上がると、左奥に続く逆L字の板の間の廊下。

 上がって右手の部屋はお師匠さんの部屋らしい。中まではわからないが、扉を開けると狭い部屋があって、その奥に広いお師匠さんの畳部屋があるみたいだ。入った事がないからわからないけど。

 その奥に、私たち弟子の部屋があって、手前の8畳間は先輩方がいて、奥の板の間が新人や、ちょっと先輩の稽古場になっている。

 今日は、お師匠さんのすぐ横で、練習をしなくてはならない。

 練習だから別にいいんだけれど、お師匠さんがすぐ目の前にいるっていうのは緊張する。

 しかも正座していないといけないし。

 そんな中、何か言い訳をしなければならなかったので、声を出して言ったんだけれど、すーっと声が普通に出た。

 おかしい、そんなはずはないのだ。

 この状況で声は出ないものよ。

 なぜか。

 そう、これは夢の中の話だから。

 夢の中で声を出すのはとても難しい。

 でも今日は簡単に声が出た。

 ってことは、きっと周囲には寝言に聞こえていると思われる。

 なんて言ったんだったか、もう思い出せない。言った後に夢を見続けたから。

 でも、なんの修業なのか全く思い出せない。


そんな夢を見た。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2015-01-18 09:19 | 夢の話 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/20743982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by タケシ at 2015-01-20 17:32 x
よくある話ですよね、夢を見ると。
寝起きして、一生懸命になって。夢を思い出そうとすればするほど、思い出せないんですよね・・・・・。
私も同じ経験した事あります。
非常に、もどかしいとおもったりします。
最近、夢を見ようとする頃合いに、丁度早朝に起きて。仕事に行くので、夢を久しく見ていない・・。夢を見れることって、実にいいことですよね。羨ましい限りです。でも、今の自分には日銭を稼ぐ使命を帯びているので致し方ないのかも。
Commented by WofNaka at 2015-01-21 17:19
タケシさん こんにちは。

そうですね、夢の中の強烈な部分だけは覚えているんですけれど、その前後がわからないと、どうにもならなくって、そのうちにその強烈な部分もわからなくなってしまって、そういうもどかしげな感じになってしまいますよねー。

私も、最近のはそんな感じなんです。一部分しか覚えていないことがあって、ふとした時に、思い出したりして。

ですから、なるべく起きたらすぐに書くようにしています。

<< 二重売り 1.17 灯りのつどい に参加... >>