World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

子供たち

 袋小路の奥の突き当たる手前左側の建物の2階に、私が住んでいる部屋がある。

 部屋の前には、人が1人しか通れないぐらいの狭い道があって、向かいには屋上が平の1階建ての建物がある。

 だから私は、近所に出かけて帰る時は、その屋上から自分の部屋の窓に飛びついて入るのを常としていた。

 でも、簡単には入れない。

 タイミングと、窓が開いているという条件つきだ。


 今日も近所に出かけた後で、向かいの屋上から自分の部屋に入ろうとして、どこにすがりつこうかを考えて、いざ飛びつこうとした瞬間に、一番奥の家の奥さんから声をかけられた。驚いた私は、間の道に落ちてしまった。

 ニコニコしながら、いつも見てるわよん、って近づいて来た。

 そして肩越しに見える、その家の窓からは、小さい子供達も、これまたニコニコしながら手をふってきた。

 あれれれ、バレてましたかね。

・・・・・

 そして、今日は、ついにこの地を離れることになったのでした。

 慣れ親しんだ土地から一人離れるのは辛いものです。

 駅に向かうバスに乗ったら、バスがなかなか発車しない。

 どうしたのかと、バスの窓越しに前方を見ると、例の家の子供達が、バスを通せんぼするように一列に並んで、私に向かってさよならの手を振っているところだった。

 私は、急に嬉しくなって、笑顔で手を振返した。

 バスが発車する寸前に、子供達が飛び退いてくれて、私は、子供達に見送られながら出発したのでした。


・・・

 駐車場で私が乗っていたバンは、後ろの荷物を積むドアが取り外されてなかっただけでなく、後ろの両サイドのドアもなかった。

 今日は風がとても強い日だったから、後ろから入ってくる風で、車体が揺さぶられている。

 大きな音がして、後ろのずっと先を見ると、やっぱり大きなバンが、風で巻き上げられて、垂直に倒れていた。

 今日はそんな風が強い日なんだ。


・・・

 駐車上に止めたバイクの鍵がまだついたままだったような気がして、駐車上に行ったら、不審な人と出くわした。あきらかに胡散臭い人だったんで、睨んでやったんだけれど、不審な人物は、その場所には全く用事がない人なので、すごすごと引き下がった。

 ま、当然だろうよ。



そんな夢を見た。

 この4つの夢は実は繋がっているんだけれど、つなぎ目は、もう思い出す事はできません。 


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/20786050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by WofNaka | 2015-01-23 09:06 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka