World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

結果を出せない

 IT系の会社に行っているんですけれど。。。

 まず、会社に着くのがギリギリか、ちょっと遅刻するんだが、みんなはそのあたりの事情をしっているから別になんの反応もない。

 ノートパソコンを開いて仕事上のサーバにアクセスしようとするんだけれど、考えたら一週間ぶりの会社だったから、ログインする名前を忘れてしまっていたし、パスワードなんかもすっかり忘れている。しかも、そのサーバーはセキュリティーがしっかりしているので、1週間ぐらい経過していると入ることすらできないときている。

 確か、前回もこのサーバーに入るのに、すったもんだしたように思えるから、またみんなに迷惑がかかるし、何を言われるのか。。。

 そんなことを考えながら放置してしまう。

 このオフィスの作りは面白くて、普通に机を向き合わせた場所は、事務員とか役職とかの席で、技術者の席は、壁に組み込み式になっていて、いない時は、単なる壁。会社に来ると、壁の一部を倒すと底が机になる仕組み。

 そしてその倒した机の上も、技術屋さんの好みによって、時には乱雑に物が置かれていたりする。

 サーバーのアクセスができないままに午前中が終わってしまった。

 ここまでで言えないと、これからの時間も言えないし、今まで何をやっていたんだ、って言われるに決まっている。

 サーバーにアクセスできないから、やるべき仕事ができずに、どんどん時間だけが経過していってしまう。

 他に、作りかけの設計書があったから、それを作るふりをする。

 でも、サーバーにアクセスできないから、やはりそれの進捗もよくない。

 そして、そのうちに机の上にある物の整理とかをやり始めた。

 やっと3時。

 あと2時間半。

 サーバー。。。


 ここで、同僚がひょいと顔を出した。

 どう? って。

 ここぞとばかりに、実はサーバーにアクセスが。。。


 同僚は、何も言わずに、どれどれと見てくれる。

 いつから繋がっていないの、とかも言わない。黙々とセッティングなどをやっていく。

 同僚がそうやってやってくれているのに、私の気持ちはどんどんと落ちて行く。


 ちょっと休憩に出た。

 トイレにまず行かないと。

 個室に入っていると、声がした。

 さっきの同僚かな、あの声は。

 もう一人の同僚と立ちしょんしながらおしゃべりしている。

 そう言えばさぁ、あいつ(私のこと)、入社以来パッとしないよなー。まだ一度も表舞台に立ってないよなー。リーダー経験もなければ、一つプロジェクトを任されたこともないよな、あいつ。

 あー、やっぱりそういう目で見られていたんだなぁ。


そこで、遠くから微かなピピピピ音が。

それで目が覚めた。

そんな夢を見た。






「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/20910361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by WofNaka | 2015-02-20 09:47 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka