提案書の説明

 今日は最近定例で行っている、提案書の説明の日。

 参加者は元T社のYさんと、元G社のTさん。

 もう旧知の間柄なので、いつものように和やかな雰囲気で進んで行く。

 だから私は前回も、説明が終わることになると眠気をもようして、少し休憩させて貰うほど。

 そして説明が終わると、雑談に入って行った。


 当初、二人とも私に、なぜ今までのような仕事をしないのかと聞いて来た。

 私はもうフルタイムで働くことが無理なのでそういう話をしていた。

 今回は生活がどれほど厳しいか、と言う話を二人に話している自分がいた。


 説明が終わって、帰ろうとしたとき、隣の部屋で、Tさんが立ち上げた会社の主要スタッフが集まって会議が始まるところだった。

 その中の会長とも言えるべき人にYさんは「おかげさまで仕事が決まって」と、挨拶をしていたが、そう言えば、Yさんの会社は倒産寸園に別の会社に吸収されたんだった。やっぱり、その中でやっていくのは大変だったんだろうな、と思った。

 Yさんがしきりに、私にも挨拶するように促したけれど、私にはそうする体力がもう残ってはいなかった。

 気がつかないふりををして、その場を後にした。


 その会社のビルを出ると家内が待っていた。

 家内と一緒に歩いてすぐのホテルに帰ることにして、ゆっくり歩いていたんだけれど、そのうち私がめまいに襲われて、その場に倒れ込んでしまった。

 ホテルまではすぐ目と鼻の先だったので、家内に抱きかかえられながら、なんとかホテルのエントランスに入って行った。

 エントランスに入ると、家内は私とそこに残してすぐに受付のところに走り寄った。

 実はこのホテル、1階が病院になっているんだ。

 で、私の記憶は、そこで途切れてしまった。


遠くでチチチチという音がして目が覚めた。

目覚まし音だった。

そんな夢を見た。

そして私は疲れていた。

この会社での提案書の説明の夢は、少なくとも今まで2回は見ていることに気がついた。

夢は不思議だ。







「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2015-02-27 08:12 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/20937926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 蜘蛛 赤いお揃いのリュック >>