危機一髪

砂漠の真ん中の小さい車の中で、友人とおしゃべりをしていた。

すると、車の外で、羽衣を着た若い女性が見えたような気がした。

運転席にいた友人にも見えたらしく、なんだろうと外に出た。

そこには。。。

私の位置からは見えなかったけれど、その女性は囮で、そこにいたのは。。。


外に出た友人は、固まっていた。

後ろを振り返った瞬間だった。

そこにいたのは恐竜のラプトルだった。

次の瞬間、頭から食べられていた。


私は、そっと助手席のドアをあけ、身体だけ、外に出して、見えないようにした。

ラプトルは友人を喰いながら、気配を伺っている。

ラプトルは頭がいいので、友人を心配して出てきた私をも襲うつもりでいるらしかった。


私は、ただただ息を殺して、凄く大変な体勢だったけど我慢した。


いつまで続くんだろうか、この体勢。

ラプトルは複数で狩りをするので、私のこの体勢を見ている別のラプトルがいてもおかしくないんだけれど、今の私にはそういう余裕などなかった。

ラプトルは、友人を咥えたまま、顔を車の中に入れてきた。

でも、かろうじて私は見えない位置にいた、はず。

ラプトルは諦めて、車から離れて行った、友人を咥えたまま。



そんな夢を見た。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2015-11-06 08:56 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/21809053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 仕事がきまった? 大病院 >>