110番、119番

 過去に、110番、119番を何度発信したか、なんてことを。。。

★110番通報した

・東日本大震災の時、田舎からのSOSをどうしたらいいのかわからず110番。多摩の警視庁に繋がって状況を説明したけど「それはうちの仕事じゃない」と切られた。

・先日マンション敷地内に投げ込まれたと思われる黒鞄。中に何が入っているのかわからなかったので通報。

・ずいぶん前にやはりマンションの敷地内に放置されたリュックサック。同じ理由で通報。

・この土地に引っ越しをしてすぐに車上荒らしにあって通報。犯人はまだ捕まっていないし、車は窓ガラスの修理代を出せなかった為に廃車になった。

・アパートに住んでいた時、目の前を通る道路で当て逃げがあり通報。深夜、警察に事情聴取させてくれ、と連れて行かれたけど、帰りは送ってもらえなかった。

・自分の割当てられた駐車場に他人の車が停められていたので通報。結局、私が借りた場所を大家が間違えて私に伝えたことによるものだった。お陰で条件の悪い場所に停めることになり車は傷だらけになった。(最後には車上荒らしにあった車)

・自分の割当てられた駐車場に他人の車が停められていたので通報。ここよりもさらに田舎から出てきた無断駐車の常習犯と思われる兄ちゃんだった。何を言われても警察が来るまで待って、こっぴどく叱ってもらったのは言うまでもない。

★110番通報された

自分の割当てられた駐車場に他人の車が停められていたので大家に注意しておいたが、その後空いたので、自分の車を駐車したら通報された。しかもフロントガラスには糊でべったりと駐車違反の紙が貼ってあった。そんなことだろうと行ってみたら案の定。こっぴどく私に怒られたのは大家。

・他の車もそこに停めていたから大丈夫だろうと思って停めていたら通報された。そのまま近くの警察署に連行されたけど、その後、田舎に帰らないといけないなどと話しをしてたら、金も掛るだろうからとお叱りだけで解放された。

☆119番通報した

・東日本大震災の時、田舎からのSOSをどうしたらいいかわからず地元の消防に電話したら「それは現地の消防の仕事だ」と言われたから「現地の消防は流されて機能していないのを知らないのか」と言ったら「東京消防庁」の電話番号を教えてもらった。

・東日本大震災の時、田舎からのSOSをどうしたらいいかわからず東京消防庁に電話したら「それは国の仕事だ」と切られた。

・人生初めての119番通報は、上京して寮にいた時、同僚の腹痛嘔吐を見て他の同僚らと通報した時。初めてだったからドキドキして大変だった。その後、防災訓練で緊急通報の仕方を練習させてもらった後は、スムーズにできるようになった。

・近所で鳴り響く非常ベル。いつまで経っても何もどうにもなっていなかったのを見るに見かねて通報。焼き肉だったみたいです。

・近所で不思議な場所に腰掛けている男性を見て声を掛けた。やはり具合が悪くて座っていることがわかり通報。私が経験した結石の痛みに似ていたから。

・正月に住んでいるマンションで火災報知器が鳴動。鳴動しても通報されないのを知っていたので、原因を確認してもらうために通報。正月でみなさん酔っていたのか、なかなかうまくいかず、周囲からうるさいと怒鳴られた。こちらも焼き肉でした。

・家内が駅の階段で後ろからきた酔っぱらいの転倒に巻き込まれて通報。技術がないのにできると言った医師の性で、その病院からまた通報して他の病院に運んでもらう事態に。同じ救急隊員だった。お陰で家内は治るのに時間がかかった。


☆119番通報された

・取引先の会社で会議中に具合が悪くなり通報してもらった。尿路結石だった。一躍有名になったけど、仕事への貢献度はどうだったんだろう。

・ボランティア先で前夜ホテルで具合が悪くなり通報してもらった。こんなきれいな脳を見るのは久しぶり、と担当医師に言われた。

・胆石の痛みに耐えきれず、何度か呼んでもらった。自宅から徒歩5分という絶対に行ってはいけないと言われる病院に搬送されたことや、手術をしたくて仕方がない病院に搬送されたり、うちで最後まで治療をする確約をとらされた上で搬送されたり(でも翌朝、別の病院に転院してもいいと言われたり)した。

・尿路結石の痛みに耐えきれず、こちらも何度か呼んでもらったが、そのうち、痛み止めの点滴しかされないことがわかったので、湯たんぽで身体を温めたりして乗り切る技を覚えた。

・あともう少しで自宅というところで動けなくなり、家内に呼んでもらった。結局、さっきまでいた病院に搬送された。まるで「振り出しに戻る」だった。担当医師は、さっきの検査結果を見て、全く問題ありませんと。結局、そのまま放免されたけど、また歩いて帰るのか?


☆番外編

・家内から救急車のサイレンをバックに電話が入った。今私がいる場所を聞かれたが、なんだと思ったら、今そこの近くにある病院に搬送され途中だからと。確かにサイレンが近づいてきて目の前を通過して行ったけど、家内から聞こえる音と一緒だった。


もっとあるはずなんだよね。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by WofNaka | 2016-02-05 22:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/22375863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 記憶をたぐり寄せようとしました... 二度倒れる >>