2つの仕事

 近所で家を建てていて、今はもうほぼ完成していて、今日は、隣家との塀を作る為のコンクリーを流しているんだけどね。

1つは、そのコンクリートミキサーが狭い路地を入って、工事現場まで一発でバックでいれてきたこと。加えて、たった猫車1台分のコンクリートだけを降ろしてくる技術の高さ。

大きいものが大きい仕事をしたり、小さいものが大きい仕事をしたり、小さいものが小さい仕事をするのは当たり前のような気がするのね。ところが、大きいものが小さい仕事を完璧にこなしていくっていうのが凄いな、と、思った次第です。

もう1つ。

 これは年老いたおじちゃんが若いもんに罵声にちかい文句を言われながら、猫車に入れたコンクリートを狭いところに流し込むんだよ。あーいうのってさ、現場で若いもんを育てたいっていうのと違って、見てられない。っていうか見たくない。

 年老いてから新しい仕事はヤダな、と正直思ったよ。

 いくら年老いていても、肉体労働の仕事はみんなそうだというのかもしれんけど、私は嫌だな。

 ま、それでも暴言ぐらいだからいいよね、暴力があるわけじゃないからね。






「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by WofNaka | 2016-02-19 19:25 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/22497506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< こんな坂、降りられるわけないだろう 2011年の東日本大震災前後の... >>