飛行機から落ちる

 私たち夫婦は珍しく飛行機に乗っていた。

 乗客は少なくて、他には後方に3人の5人。

 パイロットは1人。


 パイロットはちょっと挙動不審なところも垣間見えたけど、それなりの技量はあるのだろう。

 いよいよ離陸だ。

 徐々に速度を上げて行くんだけど、目の前を横切る他の離着陸する飛行機が危ない。

 ちょっとしたタイミングで、かろうじて衝突を避けながら、少しずつ前進し高度も上げて行く。

 でも速度はギリギリのゆったりさ。


 街の中のビル街をぬけようかと思った辺りから、再び高度が下がってきた。

 速度も落ちている。

 とうとう、ある駅の建物を支えるワイヤー群に絡まって空中で止まってしまった。

 しかも、乗客の足が空中に出ていて、ぶらんぶらんしていて危なっかしい。

 シートベルトを外すと、下に落ちそうな感じがある。


 果たして、私ら夫婦は、揺れる飛行機の中から、すっぽりと抜け落ちて、地面に落ちてしまった。


 幸いに怪我はなかったが、それを見ていたパイロットは、器用に飛行機を再発進させて、どこともなく飛び去ってしまった。


 私はとても腹が立ってしまっていたので、110番した。

 そのうち2、3人の警官がやってきて、家内に事情聴取をしていた。

 なかなか信用されないらしい。




そんな夢を見た。







「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2016-03-28 09:13 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/22650933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 三人の鍼灸師 2通の異動メール >>