たしかに私はそこにいた

 今日は、前の職場で一緒だった方と飲みに行ってきました。

 2004年に私が社員という枠から初めて外れて派遣社員という道を選んだ最初の職場で出会った方で、優秀なSEさんでした。なぜ過去形かって? 今は違う職に就いているからです。

 私は、Facebookでその方とは友達になっていますけど、それ以外のSNSでもそれ以来ずっと繋がっているんですね。だから、改めて会わなくても、という気持もなくもなく。。。

 なぜ、今回「会いませんか?」って声を掛けたのかも、実はよくわかっていなかったり(笑)。

 帰りがけにそれがずっと気になってました。

 4時間あまりの間に、当然、その当時の仕事の話になるのですが、私、忘れてました。

 自分がIT業界に30年も身を置いていたことを。

 それほど、今回の転職が大きい出来事だったのかもしれません。

 そして、私が気がついたのは。。。

  たしかに私はそこにいた

 ということ。

 これを改めて思えたことは重要な気がした。

 ここんところちょっと、あの残忍な事件があったり、いろいろと思うところがあって、落ち込んでいたので、それが確認できたことは有り難かった。

 今の仕事が、今までの集大成だと言っている割に、今までIT業界にいたことを忘れようとしていたのかもしれない。

 もっと自信を持っていこう、そう気がつかせてもらったような気がする。
 
 ありがとう。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by WofNaka | 2016-07-28 23:53 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/23044168
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 研修で 職場で爆睡 >>