どうしても止まらない

 今日は同僚らと車何台かに分乗してのお出かけ。

 車が5台あって、私は、はなから助手席に乗る思いでいたんだけれど、なかなか皆さん、おしゃべりに夢中で乗らない。

 仕方がないので、運転するのもいいかと思って、一台の車に乗り込んでエンジンをかけた。

 ちょっとだけ動かそうと思っていたんだけれど、ブレーキを踏んでも止まらない。

 時速2、3キロほどの本当にゆっくりとした速度なんだけど、どうしても止まらない。

 ぶつけて止めるわけにもいかないので、仕方がないから、ぶつけない程度に走っていようと表通りに出た。

 いや、出てしまったんだが。

 なにせユーターンもできないよね、止まれないんだから。

 だからどんどん離れて行って、しかもこの辺りの道を知らないし。

 どうすんだよー。

 って、結局、みんなとははぐれてしまった。


そんな夢を見た。

そんな日だったから、今日は大人しく助手席に乗っていたのは言うまでもない。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2016-09-28 19:20 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/23248860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 観音様に救われた? まさか爆弾を仕掛けていたとは >>