日本沈没か

 それは唐突に始った。

 大きな地震が起きたと思った。

 本当に大きな揺れだった。

 何かが砕け落ちるような音とともに、振動が襲ったから。

 そして多くの人々が逃げて来た。

 その逃げて来る人達の話しをまとめてみると、東北の日本海側の海岸線が秋田県から青森県にかけて、大きく長く海に崩れ落ちたというのだ。

 また暫くして、大きな地震があった。

 本当に大きかった。振動も今まで以上のものだった。

 また多くの人々が通っていった。

 どうやら、さらに内陸側の新しくできた海岸線が長く大きく崩れて海におちていったというのだ。

 このままいくと、北東北は日本海側から太平洋側に向かって、どんどんと削られていき、北東北はなくなってしまうかもしれない。

 でも、私がいるこの地までは、まだまだ距離がある、と高をくくっていた。

 ところがだ、今度は東北地方の中心部分にあたる栗駒山で噴火がおきて、山体崩壊を起こし、大きな穴があき、その穴の中では溶岩が煮えたぎっているらしい。そしてその穴をどんどん広げている、という情報が入った。

 しかも、あまりに突然に起こったために、だれも逃げられなかったと。

 果たしてどれだけの人が犠牲になったんだろうか。

 そして悠長に構えていた私が住む地にもその穴の淵が迫って来ていた。

 ともかく熱い。溶岩の熱で熱せられた穴がこちらに迫って来る感じ。

 どんどん陸地が穴の中に崩れていき、もうすぐ太平洋に繋がってしまう。

 そんな中、私を岩手から脱出させて山形に連れて行こうとしている人に案内されて、私はとうとう住み慣れた地を離れて山形に逃げる事を決心したんだった。

 そして、丘の上から、自分の故郷が溶岩の穴の中に崩れ落ちていくのを複雑な思いで見ていた。



そんな夢を見た。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2016-11-07 09:06 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/23346392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< パッチアンテナのその後 国立市民まつりへの参加 〜無線... >>