引きずりこまれるように倒れる

 お店の中で買い物をしていたときのこと。

 人が一人、横になれるぐらいの隙間のところに来た途端だった。

 もう立っていられない。

 スローモーションのように、腰から崩れていって、暫くは上半身は起きていたものの、支えきれずに、そのまま上向きで横になってしまった。

 長い時間をかけて、そうなったはずで、客も店員もそばにいたはずなのに、誰も気がつかないの。


 そうやって、意識が朦朧としていった。




そんな夢を見た。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]

by WofNaka | 2017-03-01 10:15 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://wofnaka.exblog.jp/tb/23686609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 名刺作り 祝 完済 >>